ヴァル=ドワーズ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > イル=ド=フランス地域圏 > ヴァル=ドワーズ県


ヴァル=ドワーズ県
Val-d'Oise
Val-d'Oiseの紋章
ヴァル=ドワーズ県の紋章
位置
Val-d'Oiseの位置
概要
県番号 95
地域圏 イル=ド=フランス
県庁所在地 ポントワーズ
郡庁所在地 アルジャントゥイユ
サルセル
3
小郡 39
コミューン 185
統計
人口
国内17位
  (2006年)
1,157,052人
人口密度 929人/km2
面積¹ 1,246 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ヴァル=ドワーズ県(Val-d'Oise)は、フランスのイル=ド=フランス地域圏の県である。

歴史[編集]

1968年、旧セーヌ=エ=オワーズ県の分割に伴い誕生した。パリを取り巻く都市圏グランド・クーロンヌ(grande couronne)の北辺にあたり、国内最小の面積を持つ。一方では、観光客のあつまる広大な県自然公園を2箇所持ち、もう一方では大規模な都市化が進められ、シャルル・ド・ゴール国際空港を持つ。

地理[編集]

県名のオワーズとは、ベルギーに水源のある、フランス北東部を流れセーヌ川へ注ぐ支流、オワーズ川からとられた。北はオワーズ県、西はセーヌ=エ=マルヌ県、南はセーヌ=サン=ドニ県オー=ド=セーヌ県イヴリーヌ県、東はウール県と接している。県南部はモンモランシー谷とセーヌ川谷に接している。県中心部と南東部は非常に都市化が進んでおり、パリ大都市圏を形成する。西部はヴェクサン・フランセ(fr)と呼ばれる田園地帯である。県は21,300ヘクタールの森林を持ち、これは県全体の21%である。大きな森にはモンモランシーの森、リラダンの森、カルネルの森がある。

観光[編集]

外部リンク[編集]