オワーズ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オワーズ県
Oise
Oiseの紋章
オワーズ県の紋章
位置
Oiseの位置
概要
県番号 60
地域圏 ピカルディ
県庁所在地 ボーヴェ
郡庁所在地 クレルモン
コンピエーニュ
サンリス
4
小郡 41
コミューン 693
知事 イヴ・ロム
フランス社会党
統計
人口
国内25位
  (2012年)
823,668人
人口密度 141人/km2
面積¹ 5,860 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

オワーズ県(Oise)は、フランスのピカルディ地域圏の県である。

地理[編集]

名称はセーヌ川の支流オワーズ川に由来する。県はパリから30kmの距離である。ソンム県エーヌ県セーヌ=エ=マルヌ県ヴァル=ドワーズ県ウール県セーヌ=マリティーム県と接している。

コー地方で見られる白亜のチョーク質の地層は、オワーズ県のブレ地方にも及んでいる。この地層のおかげでブレ地方には多くの採石場があった。採石場はレンガやタイル製造のため利用されている。

歴史[編集]

アンシャン・レジーム時代のイル=ド=フランスを、現在の県で色分けした図

フランス革命中の1790年3月4日、かつてのイル=ド=フランス州より分離され新設された。ワーテルローの戦い第七次対仏大同盟が勝利すると、1818年11月までイギリス軍が県を占領していた。

1918年11月11日、コンピエーニュの森においてドイツと連合国との休戦協定が締結された。しかし1940年6月22日、フランスを占領したドイツ軍は先の休戦協定が結ばれた同じコンピエーニュの森にて、フランスにとって屈辱的な独仏休戦協定を結んだ。

人口統計[編集]

人口の推移
1801年 1831年 1841年 1851年 1856年 1861年 1866年
350.854 397.725 398.868 403.857 396.085 401.417 401.274
396.804 401.618 404.555 403.146 401.835 404.511 407.808
1906年 1911年 1921年 1926年 1931年 1936年 1946年
410.049 411.028 387.760 405.971 407.432 402.569 396.724
1954年 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年
435.308 481.289 540.988 606.320 661.781 725.603 766.441

主なコミューン[編集]

コミューン 人口
(2012年)
ボーヴェ 54 289 ボーヴェ郡
コンピエーニュ 40 028 コンピエーニュ郡
クレイユ 33 936 サンリス郡
ノジャン=シュル=オワーズ 18 713 サンリス郡
サンリス 15 789 サンリス郡
クレピー=アン=ヴァロワ 14 514 サンリス郡
ノワイヨン 13 658 コンピエーニュ郡
メリュ 13 948 ボーヴェ郡
モンタテール 12 626 サンリス郡
ポン=サント=マクサンス 12 584 サンリス郡

経済[編集]

県内には大企業が進出している。モンタテールにあるアルセロール・ミッタル、ボーヴェのスポンテックス、リアンクールのマパである。

観光においては、1989年開業のアステリックス・パーク、1983年開業のサン・ポール・パーク、エルムノンヴィルで1963年に開業したラ・メール・ド・サーブルといった、3つの遊園地がある。

ギャラリー[編集]