ロット県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロット県
Lot
Lotの紋章
ロット県の紋章
位置
Lotの位置
概要
県番号 46
地域圏 ミディ=ピレネー
県庁所在地 カオール
郡庁所在地 フィジャック
グルドン
3
小郡 31
コミューン 340
知事 セルジュ・リガル[1]
統計
人口
国内位
  (2011年)
174,754人
人口密度 33人/km2
面積¹ 5,217 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ロット県: Lotフランス語発音: [lɔt]オック語: Òlt)は、フランス南西部の県。ロット川にちなんで名づけられた。

歴史[編集]

フランス革命期の1790年3月4日に設置された83県のひとつである。それ以前はケルシー州の一部、ギュイエンヌの一部であった。1808年、県の南東部がタルヌ=エ=ガロンヌ県として分離した。それまではモントーバンを含むずっと南まで、ロット県の領域であった。

地理[編集]

ミディ=ピレネー地域圏に所属し、コレーズ県カンタル県アヴェロン県タルヌ=エ=ガロンヌ県ロット=エ=ガロンヌ県ドルドーニュ県と隣接している。

自然区分上の地方は色彩豊かで対照的な7つの地方に分けられる。川は東から西へ流れており、県の北部をドルドーニュ川、南部をロット川が流れる。

  • セガラ - 北東部。中央高地の西端にあたる。珪質の土と湿地が交互に現れ、その上に森林と、ウシの飼育に適した草原が現れる。
  • リマルグ - 中東部。セガラ地方に寄りかかるように広がる。泥が多い湿った土壌に森林地帯が広がる。
  • コース - 中央部。広大な石灰岩質のカルストで、侵食されている。乾燥した土壌で、県の2/3を占める。
  • ラ・ブリアーヌ - 西部。砂質。混合農業が行われており、マツやクリが植えられた森林地帯である。
  • ケルシー・ブラン - 南部。白い石灰岩質の非常に肥沃な台地を持ち、交互に現れる谷では穀物、油用作物、メロン、プラム、タバコの葉が栽培される。
  • ヴァレ・デュ・ロット - 南部。カオールから下流の地で、野菜畑やブドウ畑が広がっている。
  • ヴァレ・ド・ラ・ドルドーニュ - 北部。クリ林や草地が広がる。

人口統計[編集]

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
151 198 150 778 154 533 155 816 160 197 169 531 164 346

主なコミューン[編集]

人口2000人以上のコミューンは以下のものである。

コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
カオール 20,093[B 1] ==  0,4 % グラマ 3,530[B 2] ==  -0,5 %
フィジャック 9,994[B 3] 増加  4,2 % プラディーヌ 3,224[B 4] 増加  3,2 %
グルドン (ロット県) 4,810[B 5] ==  -1,5 % プレサック 2,428[B 6] 増加  5,6 %
スイヤック 3,910[B 7] 増加  6,5 % ピュイ=レヴェック 2,197[B 8] ==  1,8 %
サン=セレ 3,560[B 9]
Source : Insee[2]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Serge Rigal, nouveau président, site internet du conseil général du Lot, 18 avril 2014
  2. ^ Résultats du recensement de la population - 2007 - Bases de chiffres clés (évolution et structure de la population) sur INSEE consulté le= 11 septembre 2010
  • 2007年1月1日時点のINSEE発表の人口
  1. ^ Cahors
  2. ^ Gramat
  3. ^ Figeac
  4. ^ Pradines
  5. ^ Gourdon
  6. ^ Prayssac
  7. ^ Souillac
  8. ^ Puy-l'Évêque
  9. ^ Saint-Céré

外部リンク[編集]