カオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カオール
Blason Ville Cahors fr (Lot).svg
ヴァラントレ橋
ヴァラントレ橋
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) ロット県
(arrondissement) カオール郡
小郡 (canton) カオール小郡
INSEEコード 46042
郵便番号 46000
市長任期 ジャン=マルク・ヴェスーズ=フォール
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de Communes du Pays de Cahors
人口動態
人口 19 991人
2012年
人口密度 309人/km2
住民の呼称 Cadurciens/Cahorsins
地理
座標 北緯44度15分55秒 東経1度15分46秒 / 北緯44.2654度 東経1.2629度 / 44.2654; 1.2629座標: 北緯44度15分55秒 東経1度15分46秒 / 北緯44.2654度 東経1.2629度 / 44.2654; 1.2629
標高 平均:130m
最低:m
最高:m
面積 市: 64,72km2 (24 99ha)
カオールの位置(フランス内)
カオール
カオール
公式サイト
テンプレートを表示

カオール(Cahors)はフランス南部、オクシタニー地域圏[注釈 1]の都市である。ロット県の県庁所在地。市内にはロット川が流れている。

市内のサン=テチエンヌ大聖堂と、ロット川にかかるヴァラントレ橋は、世界遺産フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として登録されている(ID868-051/052)。

歴史[編集]

カオールはケルト時代からの長い歴史を持つ。しかし、経済的に中世以降は衰退してしまい、18世紀には大学も失った。今日は、中世の街並みを目的に来る人の、人気のある観光拠点となった。

中世、カオールは有名であった。百年戦争からユグノー戦争の間にかなりの騒乱があった。この時期、貸したお金に利息を取る銀行家が存在したことで、街は悪名高かった。この時期のカトリック教会は、利息を取ること自体が"高利"(en)の罪であると述べていた。カオールが罪の同義語となり、ダンテの「神曲」にも、「ソドムが邪悪である」と並行して記述されている[1][注釈 2]

ローマ教皇ヨハネス22世は、1249年にカオールで靴屋の息子として誕生した。

ワイン[編集]

カオールは、非常にユニークな赤ワインの産地としてよく知られている。

AOCカオールは、カオールを含むロット県内の45か村で生産される赤ワインで、マルベックというぶどうを70%以上使うことが義務づけられており、色合いは俗に「カオールの黒」(黒ワイン)と呼ばれるほど濃く、タンニンも豊富で超熟タイプのワインである。

見どころ[編集]

  • ヴァラントレ橋: 1308年に起工され、1378年に完成した町のシンボル[3]
  • サン・テティエンヌ大聖堂

関係者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 2016年以前はミディ=ピレネー地域圏であったが、ラングドック=ルシヨン地域圏と統合してオクシタニー地域圏となった。
  2. ^ 山川丙三郎訳『神曲 上』岩波文庫(1952年初版)ではカオルサの表記。ソドムはソッドマの表記(第11曲)[2]
出典
  1. ^ 神曲 地獄篇 著者:ダンテ・アリギエーリ - 平川祐弘訳 Googleブックス
  2. ^ 神曲 - 青空文庫
  3. ^ マーカス・ビニー 『巨大建築の美と技術の粋 世界の橋』 河出書房新社2017年、41頁。ISBN 978-4-309-27838-4

外部リンク[編集]