フランソワーズ・サガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランソワーズ・サガン
Françoise Sagan
On the beach.jpg
誕生 フランソワーズ・コワレ
Françoise Quoirez
1935年6月21日
フランスの旗 フランスロット県カルジャク
死没 2004年9月24日(満69歳没)
職業 作家小説家劇作家脚本家映画監督作詞家
言語 フランス語
国籍 フランスの旗 フランス
最終学歴 ソルボンヌ大学
活動期間 1954年 - 1996年
代表作 悲しみよこんにちは』(1954年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フランソワーズ・サガン(Françoise Sagan、1935年6月21日 - 2004年9月24日)は、フランス小説家脚本家、映画台本作家。本名はフランソワーズ・コワレ(Françoise Quoirez)。ペンネームは、マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』の登場人物 "Princesse de Sagan" から取られた。

概歴[編集]

ロット県カルジャクfr)で生まれた。動物らに囲まれた、父親は大手電気会社 Compagnie Générale d'Électricité(CGE、のちアルカテル・ルーセント)の重役、母親は地主であるブルジョワ家庭で育った。彼女のニックネームは"Kiki(キキ)"だった。一家は第二次世界大戦の間(1939年 - 1945年)、初期にリヨン、それからドーフィネ地方ヴェルコール(fr)に移り住んだ[1]

戦後、家族はパリ17区マルゼルブ大通り(fr)167番地の自宅に戻った[2]。"キキ"は学校生活に馴染めず、17区内のクール・ルイーズ=ド=ベティニ校(Cours Louise-de-Bettignies)を三ヶ月もしないうちに追い出されたが、ドーフィネ地方のグルノーブルなどのいくつかの学校を転々とし、その頃は"非常に良い子"で過ごした[3][4]。 その後パリに戻り、8区の私立のクール・アトメール校(fr)にて『悲しみよ こんにちは』を書き始めた[5]。その間、二度目でバカロレアに受かり、1952年秋、ソルボンヌ大学に入学した。しかし無関心な学生で卒業はしなかった[6]

アメリカに於いて彼女は旅行を好み、トルーマン・カポーティエヴァ・ガードナーとしばしば旅行し、1957年には自動車事故で重傷を負った。彼女は2度結婚している。ガイ・シェーラーおよびボブ・ウェストホフとである(それぞれ1958-60年、1962-63年)。そして、どちらとも離婚した。16区フォッシュ大通り(fr)界隈に居住し、一人息子は写真家をしているドニ・ウェストホフ(Denis Westhof、1963年 - )である。

若年期に成功しサン=ジェルマン=デ=プレ界隈で文学者ら名士らと交遊した。しかし、莫大な金銭を得た人物にありがちなことであるが、タチの悪い取り巻きに囲まれて生活し、薬物(鎮痛剤・コカインモルヒネ・覚せい剤の一種のアンフェタミンなど)やアルコールに溺れただけでなく、ドーヴィルに繰り出すなど生涯を通じ過度の浪費癖やギャンブル癖も直らず、数百億円も稼いだのに晩年には生活が困窮した。このような破天荒な生活を続けていたため前科もあり、コカイン所持で逮捕されたり、脱税で起訴をされたりした。バイセクシャルでもあり、夫以外にも男女両方の愛人を持っていた。故に、国内外のゴシップ誌にスキャンダルを書き立てられることも多く、芸能人顔負けのゴシップクイーンでもあった。

晩年のおよそ十二年間は、上述のように預金などを差し押さえられて生活の困窮をきたし、また薬物中毒の後遺症に苦しむ心身になっていた。ノルマンディ地方のカルヴァドス県リジュー郡、エケモヴィルfr)の別荘ヴィラ、別宅の大邸宅)「ル・マノワール・デュ・ブレイユ(Le Manoir du Breuil)」に居住していたが、オンフルールの病院で心臓疾患のため69歳で死去した。

2008年には、伝記映画『サガン -悲しみよ こんにちは-』がシルヴィー・テスチュー主演、ディアーヌ・キュリス監督で作られ、サガンになりきったテスチューはセザール賞主演女優賞候補となった。

作風[編集]

中流の人々のやや平穏無事な生活の描写で有名。彼女の最初の小説『悲しみよこんにちは』は1954年、18歳の頃に出版された。父親の情事に出会った少女を描いた『悲しみよこんにちは』は、出版と同時に世界的なベストセラーとなった。小説はサイモン&ガーファンクルの『サウンド・オブ・サイレンス』に影響を及ぼした。彼女は1996年まで多数の作品を発表し、その多くが映画化された(下記参照)。

ジャン=ポール・サルトルと交流が深く、作品には実存主義の影響が見られる。後半期、サルトルの死後に発表された『水彩画のような血』、『夏に抱かれて』では第二次世界大戦下のナチス政権、レジスタンス運動を題材とした。

2001年の映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ 』の登場人物マーゴ・テネンバウム(グウィネス・パルトローが演じた)は、彼女をモデルにしている。

人生観[編集]

若き日の対談集『愛と同じくらい孤独』(新潮文庫版、朝吹由紀子訳)では以下のような人生観を披露している。

  • お金は今の社会では防衛手段であり、自由になれる手段です』
  • 『お金は持っている側だけでなく、持っていない人たちをも支配してしまいます』
  • 『自由になれるのはお金次第です』
  • 『わたしが大嫌いなものはお金で買うことのできるものではなく、お金によって作られる人間関係やお金が大部分のフランス人に課している生活態度なのです』
  • 『わたしは人の持つ安心感や人を落ち着かせるものが大嫌いです。精神的にも肉体的にでも、過剰なものがあると休まるのです』
  • 『わたしは孤独が好きです、でも他人にはを感じていますし、好きな人にはとても興味を持っています。ですから、人生の小さなドラマに対して、自分を嘲弄して、ユーモアをたっぷり持つことが必要だと思うのです。それでユーモアを持つための第一段階は自分自身を嘲笑うことだと思います』

主な著書[編集]

小説[編集]

  • 悲しみよこんにちはBonjour Tristesse (1954)
  • ある微笑Un certain sourire  (en (1956)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1956 のち文庫 
  • 一年ののちDans un mois, dans un an (1957)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1958 のち文庫 
  • ブラームスはお好きAimez-vous Brahms ? (1959)
    • 朝吹登水子訳 世界文学全集 新潮社、1960 のち文庫 
  • すばらしい雲Les Merveilleux Nuages (1961)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1962 のち文庫 
  • 熱い恋La Chamade  (en (1965)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1967 のち文庫 
  • 優しい関係Le Garde du cœur  (fr (1968)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1969 のち文庫 
  • 冷たい水の中の小さな太陽Un peu de soleil dans l'eau froide  (fr (1969)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1970 のち文庫 
  • 心の青あざDes Bleus à l'ame  (fr (1972)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1973 のち文庫 
  • 幸福を奇数に賭けて安堂信也訳 新潮文庫 1974
  • 『失われた横顔』 朝吹登水子訳 新潮社 1975 のち文庫 
  • 『草の中のピアノ』 安堂信也訳 新潮文庫 1976
  • 『時おりヴァイオリンが……』 安堂信也訳 新潮文庫 1976
  • 乱れたベッドLe Lit défait (1977)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1978.11 のち文庫 
  • 『愛は遠い明日』 朝吹登水子訳 新潮社 1982.4 のち文庫 
  • ボルジア家の黄金の血』- Le Sang doré des Borgia (1977)
  • 厚化粧の女La Femme fardée  (fr (1981)
  • 『愛の中のひとり』 朝吹登水子訳 新潮社 1986.7  のち文庫 
  • 夏に抱かれて朝吹由紀子訳 新潮社 1988.8 のち文庫 
  • 『愛は束縛』 河野万里子訳 新潮社 1991.9 のち文庫 
  • 『水彩画のような血』 朝吹由紀子訳 新潮社 1991.3 のち文庫 
  • 『愛をさがして』 朝吹由紀子訳 新潮社 1997.6
  • 『逃げ道』 河野万里子訳 新潮社 1997.10 のち文庫

 

短編集[編集]

  • 『絹の瞳』 - Les Yeux de soie (1975)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1977.3 のち文庫 
  • 『赤いワインに涙が…』 朝吹登水子訳 新潮社 1983.6 のち文庫 

戯曲[編集]

自伝[編集]

  • 『私自身のための優しい回想』- Avec mon meilleur souvenir (1984)

随筆[編集]

インタビュー[編集]

  • 『愛と同じくらい孤独』 朝吹由紀子訳 新潮社 1976 のち文庫 
  • 『愛という名の孤独』 朝吹由紀子訳 新潮社 1994.6 のち文庫 

映画[編集]

脚本[編集]

主な映画化作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Paris Match 2889 29 Sep 2004.
  2. ^ Sophie Delassein, Aimez-vous Sagan… « Biographie », Paris, Fayard, 2002, p.21.
  3. ^ Berest, Anne (2015-06-15). Sagan, Paris 1954. Gallic Books, Limited. pp. 7. ISBN 978-1-910477-15-1. http://books.google.com/books?id=ZBDCCQAAQBAJ&pg=PT7. 
  4. ^ Sophie Delassein, Aimez-vous Sagan… « Biographie », p.9. — Jean-Claude Lamy, Sagan, Paris, Mercure de France, p.38. — Alain Vircondelet, Sagan : un charmant petit monstre, Paris, Flammarion, 2002, p.15.
  5. ^ Sophie Delassein, Aimez-vous Sagan…, coll. « Biographie », Paris, Fayard, 2002, p. 34.
  6. ^ Gaffney, John; Holmes, Diana (2007). Stardom in Postwar France. Berghahn Books. pp. 178. ISBN 978-1-84545-020-5. http://books.google.com/books?id=jp764SaGjTkC&pg=PA178 2015年7月1日閲覧。. 

外部リンク[編集]