シェール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェール県
Cher
Cherの紋章
シェール県の紋章
位置
Cherの位置
概要
県番号 18
地域圏 サントル=ヴァル・ド・ロワール
県庁所在地 ブールジュ
郡庁所在地 サン=タマン=モンロン
ヴィエルゾン
3
小郡 35
コミューン 290
知事 ジャン=ピエール・ソーニエ
フランス社会党
統計
人口
国内70位
  (2011年)
311,694人
人口密度 43人/km2
面積¹ 7,235 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

シェール県(Cher)は、フランスのサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏の県である。その名称はシェール川に由来する。

地理[編集]

アンドル県とともにかつてのベリー州を構成していた。アンドル県、ロワール=エ=シェール県ロワレ県ニエーヴル県アリエ県クルーズ県と接している。

県南部はオーヴェルニュ南麓に支えられ、東側はサンセロワ地方の丘陵があり、ロワール川が県境となっている。西側はシャンパーニュ・ベリションヌ地方として開け、北西はソローニュ地方の平野である。シェール川が県で最も標高の低い地点となっており、標高89mである。

歴史[編集]

1790年以前の州で色分けされたシェール県: ベリー、ブルボネ、ニヴェルネー、オルレアネー

フランス革命中の1790年3月4日、かつてのベリー、ブルボネニヴェルネーの一部を集めて新設された県である。

人口統計[編集]

国内の他県とは異なり、シェール県は第二次世界大戦後の人口増加を経験しなかった。1946年から2007年にかけての人口増加率は、全国平均が57%である一方、シェール県は10%である。INSEEの予測によると、人口は2010年から2030年までの期間に減少すると予想され、ほぼ4%減ることになる[1].。

人口の増減
1801年 1831年 1841年 1851年 1856年 1861年 1866年
217.785 256.059 273.645 306.261 314.844 323.393 336.613
1872年 1876年 1881年 1886年 1891年 1896年 1901年
335.392 345.613 351.405 355.349 359.276 347.725 345.543
1906年 1911年 1921年 1926年 1931年 1936年 1946年
343.484 337.810 304.800 298.398 293.918 288.695 286.070
1954年 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年
284.376 293.514 304.601 316.350 320.174 321.559 314.428
2006年 2007年
314.676 314.600

参照元:SPLAF[2]、2006年以降INSEE[3]、2007年以降INSEE[4]

主なコミューン[編集]

温暖な気候、わずかに険しい地形、豊富な水によって、人々は多くの村や集落に点在して暮らすようになり、この傾向は現在でも続いている。

2011年時点で人口が3000人を越えているのは以下のコミューンである。

順位 コミューン 人口 (2011)
1 ブールジュ 66 602
2 ヴィエルゾン 26 743
3 サン=タマン=モンロン 10 646
4 サン=ドゥルシャール 9 199
5 メウン=シュル=イェーヴル 6 829
6 サン=フロラン=シュル=シェール 6 605
7 オービニー=シュル=ネール 5 680
8 サン=ジェルマン=デュ=ピュイ 4 930
9 ダン=シュル=オロン 4 459
10 トルイ 3 819
11 ラ・ゲルシュ=シュル=ロボワ 3 331
12 サンコワン 3 301
13 ラ・シャペル=サンテュルサン 3 246

言語[編集]

フランス語が全県で伝統的に話される。オイル語の方言であるベリショワ語が20世紀半ばまで県の多くで話されていた。その言葉は、隣接する地方の方言からの影響を大なり小なり受けていた。県南東はかつてのブルボネの一部であったが、この部分はブルボネでありながら言語学的にはベリーの一部であり、ブルボネ語ではなかった。

県南部、ヴェスダンからキュランの間はオック語の影響を受けた言葉である。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]