フランス銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランス銀行
Banque de France (フランス語)
フランス銀行正面
フランス銀行正面
本店 パリ
位置 北緯48度51分52.12秒東経2度20分21.44秒
設立 1800年1月18日
総裁 クリスチャン・ノワイエフランス語総裁一覧
フランスの旗 フランス
前身 フランス王立銀行
継承 欧州中央銀行 1999年)1
ウェブサイト banque-france.fr
1 フランス銀行自体は存続しているが、中央銀行としての多くの機能は欧州中央銀行が継承した。

フランス銀行(フランスぎんこう、Banque de France)は、フランス中央銀行欧州中央銀行制度に参加する。本店はパリにある。ユーロ導入前は独自通貨フランス・フランを発行していた。フランス銀行の定款は、1803年4月14日の法律と以後制定された法律の集合から成る。こと信用業務に関する大枠は、1973年1月3日の定款全面改訂まで、1808年1月16日の基本定款statuts fondamentaux が規定していた。

沿革[編集]

1716年に経済学者であるジョン・ローが前身の総合銀行(Banque Générale)を設立。1718年に政府が獲得し、王立銀行(Banque Royale)に改称した。

1800年2月13日、ナポレオン・ボナパルトがフランス内の貨幣統一を目指し、フランス銀行(Banque de France)を設立した。

1803年にパリの発券銀行となった。1806年4月22日に銀行総裁、副総裁を政府任命制とした。

1825年の恐慌ではイングランド銀行の救済融資に動いた。

1848年、銀行券の発行独占権が全国に拡大された。

フランス銀行は第二次世界大戦後に国有化された。

1998年6月1日欧州中央銀行ユーロ圏の単一金融政策を運営するために設立された。欧州中央銀行と欧州連合 (EU) に加盟するすべて国の中央銀行から欧州中央銀行制度が構成される。

200家族[編集]

創立以降、株主総会への出席者は出資額の上位200人だけに許された。そしていわゆる200家族に支配された。フランス銀行は統計上4万名の株主がいたが、大株主は彼ら家族であった。彼らのうち84人が各自100株以上を保有していた。ロスチャイルド、マレMallet、オッティンガーHottinguer、ヴァンデルWendel、法人株主は有名どころでモエ・エ・シャンドンしか例に出せないが、50から100株保有するものでは保険会社が17社もあった。200家族は毎年の株主総会で15人の理事を選んだが、常連はロスチャイルド、マレ、ミラボーMirabaud などであった。[1][2]当初15名の理事のうち5名は、製造・加工業者・商業者から選ばれると明確に規定された。5席はヴァンデル、デュシュマン、ローヌ・プーラン、タナルドン、そしてパペトリ・ダルブレィのパトロンが占めた。枠外ではスエズ運河会社のヴォギュエも理事となった。[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Henry Coston Le retour des 200 Familles 1960 pp.13-14.
  2. ^ 邦書で200家族について述べたものを参考までに紹介。
    ・モーリス・トレーズ著 フランス現代史研究会訳 『トレーズ政治報告集』 第1巻 未来社 1955年 pp.167-170.
    広瀬隆 『赤い楯』 系図44

関連項目[編集]

外部リンク[編集]