エランクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Élancourt
Blason ville fr Elancourt (Yvelines).svg
Elancourt Mairie.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) ランブイエ郡
小郡 (canton) モールパ小郡
INSEEコード 78208
郵便番号 78990
市長任期 ジャン=ミシェル・フルグ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) サン=カンタン=アン=イヴリーヌ
人口動態
人口 27 577人
2007年
人口密度 2817人/km2
住民の呼称 Élancourtois
Élancourtoises
地理
座標 北緯48度47分05秒 東経1度57分32秒 / 北緯48.7847222222度 東経1.95888888889度 / 48.7847222222; 1.95888888889座標: 北緯48度47分05秒 東経1度57分32秒 / 北緯48.7847222222度 東経1.95888888889度 / 48.7847222222; 1.95888888889
標高 平均:m
最低:100 m
最高:175 m
面積 9.79km2
Élancourtの位置(フランス内)
Élancourt
Élancourt
公式サイト Élancourt.fr
テンプレートを表示

エランクールÉlancourt)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン

地理[編集]

エランクールは、イル=ド=フランス地域圏で最も標高の高いルヴァンシュ丘陵(230m)にある。現在のエランクール丘陵は、ニュータウン建設の瓦礫で作られ全体が人工である。

歴史[編集]

9世紀、サン=ジェルマン=デ=プレ修道院の財産を登記する修道士が、ポリプティクスの中にラテン語の影響を受けたゲルマン語の地名アグリニ・クルティス(Aglini Curtis)の名を記したのが最古の記録である。AglinまたはAgilとは、囲い込まれた農地を意味している。地名はHerencurtem (1144年)、Elencuria (1250年)、Ellencourt (1472年)、そして1757年以降はÉlancourtとなって今に至る。

20世紀初頭のエランクールは、734ヘクタールの面積に598人が暮らしていた。住民の大半は農民だった。

大戦後のパリが均衡を取り戻すと、ニュータウン構想が浮上した。1960年代後半、都市開発投資家ジャック・リボーが最初にアジオ平野の土地とセプト・マールの土地を購入し、そこで郊外都市の建設を始めた。1971年、エランクールは自治体間連合サン=カンタン=アン=イヴリーヌへ加入した。

交通[編集]

姉妹都市[編集]