サノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sannois
Blason ville fr Sannois (Val-d'Oise).svg

Sannois - Hôtel de ville.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ドワーズ県
(arrondissement) アルジャントゥイユ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 95582
郵便番号 95110
市長任期 ヤニック・パトルノット
2008年-2014年
人口動態
人口 25,975人
2007年
人口密度 5 434人/km2
住民の呼称 Sannoisiens, Sannoisiennes
地理
座標 北緯48度58分00秒 東経2度15分00秒 / 北緯48.9667度 東経2.2500度 / 48.9667; 2.2500座標: 北緯48度58分00秒 東経2度15分00秒 / 北緯48.9667度 東経2.2500度 / 48.9667; 2.2500
標高 最低:42m
最高:169m
面積 4,78km2
Sannoisの位置(フランス内)
Sannois
Sannois
公式サイト http://www.ville-sannois.fr/
テンプレートを表示

サノワSannois)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県コミューンパリの北西15km地点にある。

歴史[編集]

サノワという地名の起源はよくわかっていない。『百粒のナッツ』よりむしろ『百粒のクルミ』を意味するcentum nucesから生じたと考えられる。都市には多くの果樹園があった。また、ケルト語で干草を意味するsan、そして草地を意味するnoueから派生したとも考えられている。ラテン語の地名センティノディウム(centinodium) は、数百の薪を意味している。

現在のサノワの場所に初めて人が定住したのは旧石器時代中期であった。数々の石器が見つかっている。発見場所は現在のA15道路のインターチェンジ付近で、モンモランシー谷では最古の発掘物となった。

11世紀から12世紀、木造の教会内にセンティノディウムとして名前が刻まれた。集落は教会の周囲や、トルイエ山の麓の城へ移った。

16世紀から17世紀、パリ=ポントワーズ間の半ばの宿場であるサノワは繁栄した。18世紀以降はワイン生産を中心とした農業の村となった。1870年、ブドウ畑の面積は223ヘクタールであった。19世紀から産業が導入され農業が廃れていき、1900年のブドウ畑面積は45ヘクタールであった。1863年の鉄道到来後、石膏の採石が盛んになり、第二次世界大戦末期まで続いた。近年、市長はサノワをワイン製造者として地位を確立しようと、小さなブドウ畑をつくった。

交通[編集]