サン=グラティアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint-Gratien
Blason ville fr Saint-Gratien (Val-d'Oise).svg

Saint-Gratien - Vue generale 01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ドワーズ県
(arrondissement) サルセル郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 95555
郵便番号 95210
市長任期 ジャクリーヌ・ウスタシュ=ブリニオ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de la Vallée de Montmorency
人口動態
人口 20,588人
2007年
人口密度 8,507人/km2
住民の呼称 Gratiennoises, Gratiennois
地理
座標 北緯48度58分00秒 東経2度17分00秒 / 北緯48.9667度 東経2.2833度 / 48.9667; 2.2833座標: 北緯48度58分00秒 東経2度17分00秒 / 北緯48.9667度 東経2.2833度 / 48.9667; 2.2833
標高 平均:55m
最低:39m
最高:59m
面積 2 42km2
Saint-Gratienの位置(フランス内)
Saint-Gratien
Saint-Gratien
公式サイト http://www.ville-saintgratien.fr
テンプレートを表示

サン=グラティアンSaint-Gratien)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県コミューン

地理[編集]

サン=グラティアンはモンモランシー谷の入り口にあり、パリの北方約10kmにある。経済活動の活発な地域に近く、まちは住宅街の趣が残る。

交通[編集]

  • 鉄道 - RER C線サン=グラティアン駅
  • 道路 - A15

歴史[編集]

マティルド・ボナパルトのシャトー

サン=グラティアンの名は、4世紀に殉教したヒツジ飼いの少年で、628年にダゴベルト1世によって列聖された聖グラティアンにちなむ。サン=ドニ修道院の修道士たちが聖グラティアンを記念して礼拝堂を建てた。聖グラティアンの聖遺物はまちの教会の祭壇下に収められている。

17世紀、ニコラ・カティナは母親からサン=グラティアンの土地を相続した。陰謀の結果不遇を囲ったカティナは1701年、祖父が1610年に建てたサン=グラティアンの城に隠棲した。彼の元をボシュエフェヌロンヴォーバンセヴィニエ夫人、クーランジュ夫人、ラ・ロシュフコーらが訪れた。カティナは、果樹の栽培、現在のアンギャン湖まで伸びていた自分の領地の管理に時間を費やした。1712年2月12日にカティナはサン=グラティアンで亡くなり、村の礼拝堂に埋葬された。1994年7月、コミューンはカティナを記念して彼の紋章をコミューンの紋章に採用した。

18世紀の終わり、サン=グラティアンはパリ住民の好むリゾート地となり、別荘が建てられた。現在もそれらの一部が見られる。1806年、リュセイ伯爵がサン=グラティアンを手に入れ、シャトーを建てた。1832年、作家で旅行家のアストルフ・ド・キュスティーヌ侯爵もサン=グラティアンにシャトーを建てた。1860年にキュスティーヌの遺産相続人がシャトーを相続するが、このシャトーをバルザックユーゴーショパンドラクロワ、20年にわたって侯爵の母と親しく付き合っていたシャトーブリアンミュッセジュール・バルベー・ドールヴィイジョルジュ・サンドラマルティーヌらが訪れた。

マティルド・ボナパルトは、最初カティナ城にてキュスティーヌ侯爵の客として夏を過ごした。その後彼女は1853年にリュセイ伯爵の建てたシャトーを購入した。彼女もフランス第二帝政時代の芸術家たち、メリメゴーティエゴンクール兄弟フローベールアレクサンドル・デュマ・ペールらをシャトーに迎えた。マティルド・ボナパルトは、サン=グラティアンの学校建設、街灯の設置、現在もある教会建設などに財政援助を行っていた。1904年、パリでマティルドは死去するが、彼女の遺志によってサン=グラティアンの教会に埋葬された。

20世紀のサン=グラティアンは、パリ郊外の都市として人口が急激に増加し、旧市街が刷新された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年
9 248 14 947 20 338 20 470 19 338 19 226 20 588

source=Cassini[1] et INSEE[2]

脚注[編集]