ニコラ・カティナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラ・カティナ

ニコラ・カティナ(Nicolas Catinat, 1637年9月1日 - 1712年2月22日)は、フランスブルボン朝の軍人。

フランス軍に入隊してオランダ侵略戦争で頭角を現し、1686年ワルドー派の追放に取り組み、1688年大同盟戦争ドイツフィリップスブルク包囲に加わった後でイタリア戦線を任された。1690年シュタファルダの戦い1693年マルサリーアの戦いサヴォイアヴィットーリオ・アメデーオ2世に勝利、1696年にサヴォイアを同盟から離脱させる手柄を挙げ、1693年に元帥に叙任された。

スペイン継承戦争でもイタリア戦線の司令官に就いていたが、1701年プリンツ・オイゲンに防衛線を破られ後退(カルピの戦い)、ヴィルロワ公と交替させられ副司令官に降格、キアーリの戦いにも敗れてドイツ戦線へ異動、ライン川の守備を務めた後に引退、部下のヴィラールに引き継がれた。1712年にサン=グラティアンで74歳で死去、書き残した回想録が1819年に出版された。

参考文献[編集]

  • 友清理士『スペイン継承戦争 マールバラ公戦記とイギリス・ハノーヴァー朝誕生史彩流社、2007年。