サヴォイア公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サヴォイア公国
Ducatus Sabaudiae(ラテン語)
Duché de Savoie(フランス語)
Ducato di Savouè(アルピタン語)
Ducato di Savoia (イタリア語)
Ducà 'd Savòja(ピエモンテ語)
サヴォイア辺境伯 1416年 - 1720年 サルデーニャ王国
サヴォイア公国の国旗 サヴォイア公国の国章
(国旗) (国章)
国の標語: FERT
サヴォイア公国の位置
16世紀のサヴォイア公国。白線は現国境
公用語 ピエモンテ語ラテン語フランス語イタリア語
首都 シャンベリ(1416-1562)
トリノ(1562-1714)
サヴォイア公
1416年 - 1440年 アメデーオ8世
1675年 - 1720年 ヴィットーリオ・アメデーオ2世
変遷
サヴォイア辺境伯からサヴォイア公爵に昇格し成立 1416年
ユトレヒト条約によりシチリア獲得 1713年4月11日
シチリアとサルデーニャを交換し、サルデーニャ王国成立 1720年
リソルジメント(イタリア統一) 1861年3月17日

サヴォイア公国またはサヴォワ公国(サヴォイアこうこく、:Ducato di Savoia, :Duché de Savoie)は、サルデーニャ王国の前身となった公国(公爵領)である。1416年サヴォイア家サヴォイア伯アメデーオ8世が、皇帝ジギスムントから公爵の位を与えられて成立した。

現在のイタリア北西部(現ヴァッレ・ダオスタ州ピエモンテ州)とフランス東部サヴォワ地方や現アルプ=マリティーム県ジュネーヴ(現スイス)も含んだ。首都はサヴォイア伯爵領の頃からシャンベリ(現フランス)であったが、1563年トリノに遷都された。

1718年に締結されたロンドン条約の結果、1720年サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世は、シチリア島シチリア王国)を手放す代わりに、ハプスブルク家の所領だったサルデーニャ島サルデーニャ王国[注釈 1])を獲得した。一方、サヴォイア公爵領もイタリア統一によりイタリア王国の一部となって解消されるまで存続した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サルデーニャ島は、中世前期より長らく王国として存続してきたが、その王位はつねに皇帝の兼ねるところであり、このときは皇帝の位を世襲するハプスブルク家の所領となっていた。

出典[編集]

関連項目[編集]