ジギスムント (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジギスムント
Sigismund
神聖ローマ皇帝
ドイツ王
ボヘミア王
ハンガリー王
Pisanello 024b.jpg
在位 1410年 - 1437年(神聖ローマ皇帝)
戴冠 1433年5月31日(神聖ローマ皇帝)
別号 クロアチア王
ブランデンブルク選帝侯
ルクセンブルク公
出生 1368年2月15日
ニュルンベルク
死去 1437年12月9日
ズナイムボヘミア
配偶者 ハンガリー女王マーリア
  バルバラ・ツェリスカ
子女 エリーザベト
王家 ルクセンブルク家
王朝 ルクセンブルク朝
父親 カール4世
母親 エリーザベト・フォン・ポンメルン
テンプレートを表示

ジギスムントSigismund, 1368年2月15日 - 1437年12月9日)は、ルクセンブルク朝神聖ローマ皇帝(在位:1410年 - 1437年)、ルクセンブルク公(在位:1378年 - 1388年)、ブランデンブルク選帝侯(在位:1378年 - 1388年、1411年 - 1415年)、ボヘミア(在位:1419年 - 1437年)、ハンガリー(在位:1387年 - 1437年)。チェコ名はジクムント(Zikmund)、ハンガリー名はジグモンド(Zsigmond)、フランス名はシジスモン(Sigismond)。

父は神聖ローマ皇帝カール4世、母は4番目の妃でポーランドカジミェシュ3世の孫娘エリーザベト[1]。ニュルンベルクで生まれた[2]ヴェンツェルの異母弟。在位中の1415年、自らが兼ねるブランデンブルク選帝侯をホーエンツォレルン家ニュルンベルク城伯フリードリヒ6世に譲渡した[3]

生涯[編集]

ジギスムント(アルブレヒト・デューラーによる16世紀の作)
神聖ローマ皇帝、ボヘミア王、ハンガリー王、ルクセンブルク公など5つの紋章が描かれている。

1385年9月末にオーフェンでハンガリー女王マーリアと結婚し[4]、2年後の1387年には自らもハンガリー王に即位した[5][6]。この頃、帝国南部ではオスマン帝国スルタンバヤジット1世によるバルカン半島の侵攻が激しくなっており、問題となっていた。そこでジギスムントは、ドイツ諸侯を中心とした十字軍を結成してオスマン帝国軍に挑んだが、1396年ニコポリスの戦いで大敗してしまう[7][8]。この大敗によってジギスムントの威信は地に堕ち、ジギスムントに対する不満が高まった[9]。しかし、1395年にマーリアと死別していたジギスムントは、彼女と同じくハンガリー王イシュトヴァーン5世の血を引くスロヴェニアツェリェ伯ヘルマン2世の娘バルバラ・ツェリスカと1405年頃(1408年とも[10])に再婚したことで[11]、ハンガリーとイタリアを結ぶ重要な拠点であるツェリェ地方に勢力基盤を築くことができるようになり、これにより国内の不満は和らいだ[12]

1408年にはバルバラと共に、王室や十字架を守りその敵と戦うドラゴン騎士団を設立した。団員はハンガリーの貴族や国外の名士ら24人であった。

1410年、ドイツ王ループレヒトが死去した。そのため、ジギスムントが帝国諸侯からドイツ王に選出され、即位することになった[13]。この時、同族の従兄であるモラヴィア辺境伯ヨープストが共同統治王に立ったが、翌1411年にヨープストが死去したため、単独のドイツ王となった[13][14]。ジギスムントは、ローマ教皇を保護することで皇帝権力の強化を目指した。この頃、ローマ教会は複雑な対立から分裂していたが(教会大分裂)、ジギスムントは1414年コンスタンツ公会議を開催して、ローマ教会の再統一を果たしたのである[15]。確かに、これによってドイツ皇帝としての権威は一時的に強化された。

ボヘミア国民に人望があった、キリスト教改革派のフス派プロテスタントの先駆)の創始者であったヤン・フスは、コンスタンツ公会議で異端として有罪とされたが、ジギスムントはフスを火刑に処した[16][17]。このため、ボヘミア国民はジギスムントに対して不満を抱き、1419年に、復位を狙って対立していた前々帝にしてボヘミア王の異母兄ヴェンツェルの死後、ジギスムントがボヘミア王位を継承することになると遂に不満は爆発し[18]、大規模な反乱を起こしたのである。これがフス戦争である。

ジギスムントは反乱を鎮圧するため何度もボヘミアに軍を送り、教皇と共に対フス派十字軍の号令もかけたが、その都度フス派の指導者であるヤン・ジシュカの指揮する義勇兵(市民軍)の前に敗れ続けた。ジギスムントは軍事的な解決ではなく政治的な解決を試みたが、政治改革や外交などの全てにおいて失敗したため、皇帝としての威信を完全に失った。1433年5月31日に神聖ローマ皇帝として戴冠したが[19]、1437年にズノイモで戦争で疲弊した帝国を残して老人性悪性骨格潰瘍のため没した[20]

ジギスムントは若い頃より浪費家で、自らの城を貴族に与えるなど、物惜しみしない人物であったといわれている[21]。また、泰然として仮借のない性格であったとも言われる[6]。粘り強い外交により教会統一を実現させることができた点はジギスムントの功績である[20]

子女[編集]

最初の妻マーリアとは子供がないまま死別した。

後妻バルバラとの間に娘1人をもうけた。

ジギスムントの死後、神聖ローマ皇帝、ボヘミア王、ハンガリー王はエリーザベトの夫であるアルブレヒト2世が継承することとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 鈴本、p. 127
  2. ^ 鈴本、p. 128
  3. ^ 成瀬他、p. 379
  4. ^ 瀬原、p. 220
  5. ^ 瀬原、p. 229
  6. ^ a b 鈴本、p. 129
  7. ^ 瀬原、p. 234
  8. ^ 鈴本、p. 132
  9. ^ 鈴本、p. 134
  10. ^ 鈴本、p. 134
  11. ^ 瀬原、p. 240
  12. ^ 鈴本、p. 135
  13. ^ a b 瀬原、p. 242
  14. ^ 成瀬他、p. 377
  15. ^ 清原、p. 273
  16. ^ 瀬原、p. 268
  17. ^ 鈴本、p. 175-176
  18. ^ 鈴本、p. 189
  19. ^ 瀬原、p. 301
  20. ^ a b 瀬原、p. 309
  21. ^ 瀬原、p. 229

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 『世界歴史大系 ドイツ史1』 山川出版社、1997年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世好機の歴史像』 文理閣、2011年
  • 鈴本達哉 『ルクセンブルク家の皇帝たち』 近代文芸社、1997年

関連項目[編集]

先代:
ループレヒト
ドイツ王(ローマ王)
1410年 - 1437年
(1411年までヨープストと並立)
次代:
アルブレヒト2世
先代:
ヴェンツェル(ヴェンセラス)2世
ルクセンブルク公
1378年 - 1388年
次代:
ヨープスト(ジョス)
先代:
ヴェンツェル
ブランデンブルク選帝侯
1378年 - 1388年
次代:
ヨープスト
先代:
ヨープスト
ブランデンブルク選帝侯
(復位)1411年 - 1415年
次代:
フリードリヒ1世
先代:
ヴァーツラフ4世
ボヘミア王
1419年 - 1437年
次代:
アルブレヒト2世
先代:
カーロイ2世
マーリア
ハンガリー王
1387年 - 1437年
(1395年までマーリアと共同統治)
次代:
アルベルト