マントヴァ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マントヴァ公国
Ducato di Mantova
ゴンザーガ家 1433年 - 1797年 チザルピーナ共和国
マントヴァの国旗 マントヴァの国章
(国旗) (国章)
マントヴァの位置
マントヴァ公国の位置
公用語 ロンバルド語, イタリア語
首都 マントヴァ
1433年 - 1444年 ジャンフランチェスコ・ゴンザーガ(初代)
1665年 - 1708年 フェルディナンド・カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルス(最後)
変遷
建国 1433年
ミラノ公国へ併合 1708年
カンポ・フォルミオ条約によって完全消滅 1797年10月17日
マントヴァ侯国時代の領土(1494年) 緑色で示した。ポー平原に位置し、国土の中央を東西にポー川が流れる。北はヴェネツィア共和国(桃色)、西はミラノ公国(橙色)、南はモデナ公国、東はフェラーラ公国に接していた。
20世紀末のマントヴァ県の位置、マントヴァ公国の領土とほぼ一致する

マントヴァ公国(マントヴァこうこく、: Ducato di Mantova)は、中世イタリアにおいて存在した君主国である。首都はマントヴァ

1433年に、長年マントヴァの僭主(シニョーレ)であったゴンザーガ家が侯爵の地位を獲得して領主となり、フェデリーコ2世1530年に公爵に昇格したことにより、マントヴァ侯国から公国となった。

1708年フェルディナンド・カルロ(カルロ3世)が亡くなると、ミラノ公国に編入され、オーストリア・ハプスブルク家領となった。

関連項目[編集]