ベネヴェント公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
8世紀におけるベネヴェント公国

ベネヴェント公国(ベネヴェントこうこく、イタリア語: Ducato di Benevento)は、中世におけるイタリア最南端のランゴバルド公国で、ベネヴェントメッツォジョールノ南イタリア)を中心としていた。ランゴバルド三侯国のひとつ。

歴史[編集]

570年に、ランゴバルド系公国の諸候の中で、ゾットーネイタリア語版英語版が最初に独立を果たした。

グリムヴァルト1世イタリア語版英語版Grimoaldo662年 - 671年)はランゴバルド王も兼ね、当時公国はランゴバルド王国と密接に関わっていた。774年カール大帝の侵攻でランゴバルド王国が滅亡すると、アリキス2世はベネヴェント侯(princeps)を名乗るようになる。

839年にベネヴェント侯シカールが暗殺された後、財務官であったラデルキス1世が侯位についたが、シカールの弟シコヌルフォとの間で侯位継承争いが起こった。そこで、皇帝ルートヴィヒ2世の調停により、849年に侯国はラデルキス1世のベネヴェント侯国と、シコヌルフォのサレルノ侯国とに分裂した[1]873年東ローマ帝国が支配権を回復したが[2]895年ヴィドー家のスポレート公グイード4世が東ローマ軍を撤退させ、897年までベネヴェント侯国を支配した。短い独立期間の後、900年にはカプア侯アテヌルフォ1世に占領され、981年のパンドルフォ1世(鉄頭侯)の死までカプア侯による支配を受けた[3]。その間、915年ガリリャーノの戦いではキリスト教同盟軍に参加してファーティマ朝と戦い、勝利した。981年、ベネヴェント侯国はカプア侯国から分裂し、再び独立した。

11世紀前半になると、ノルマン人が南イタリアへと侵攻、それに対処するため1047年に神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世は南イタリアに入り、カプアでノルマン人の所領の承認を行った。ベネヴェントはその際に皇帝軍を入れず、教皇から破門された。それ以降、ベネヴェントを含めた南イタリアはノルマン人の支配下に入った。1050年にはベネヴェント侯パンドルフォ3世が追放され、翌1051年に教皇領となった[4]ものの、事実上ノルマン人の支配下にあった[5]。教皇レオ9世はベネヴェントを奪回するため軍を組織し、1053年6月18日にチヴィターテでノルマン人と戦ったが、教皇軍は敗北し、レオ9世は捕われて翌年春までベネヴェントに置かれた(チヴィターテの戦い)。レオ9世は帰国後間もなく死去した。

1077年11月18日、教皇からベネヴェント支配を任されていたランドルフォ6世が死去した[6]。同年のうちに、ノルマン人の傭兵ロベルト・イル・グイスカルドがベネヴェントを征服、1130年ルッジェーロ2世のもとシチリア王国が成立した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山辺、p.37-38
  2. ^ 『カラー世界史百科 増補版』、平凡社、1985、p.67
  3. ^ 山辺、p.39-40
  4. ^ 山辺、p.80
  5. ^ 瀬原、p.281
  6. ^ 山辺、p.136

参考文献[編集]

  • 山辺規子 『ノルマン騎士の地中海興亡史』 白水社、1996年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年