ローマ共和国 (19世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローマ共和国
Repubblica Romana
ローマ教皇領 1849年
2月9日 - 6月29日
ローマ教皇領
ローマ共和国の国旗
国旗
国の標語: DIO E POPOLO
(イタリア語: 神と人民)
国歌: マメーリの賛歌
ローマ共和国の位置
公用語 イタリア語
首都 ローマ
三頭政治
1849年2月9日 - 1849年6月29日
面積
1849年12,100km²
人口
1849年3,000,000人
変遷
建国 1849年2月9日
フランスに降伏1849年6月29日
通貨スクード
現在イタリアの旗 イタリア
バチカンの旗 バチカン
軍旗(ミラノ・リソルジメント博物館所蔵)

ローマ共和国(ローマきょうわこく・イタリア語: Repubblica Romana)は、1849年(2月 - 6月)に一時的にイタリアローマを中心に存在した政府である。教皇領と同じ領土を持つ国家であり、三頭政治を行うなど古代ローマ共和国を真似ており、信仰の自由が保障された国家であった。また、史上初めて死刑を禁止した憲法を発効した国家でもある。

歴史[編集]

ローマでは、1848年フランス二月革命の影響で11月にローマ教皇ピウス9世がローマを脱出し、11月15日教皇国家の首相ペッレグリーノ・ロッシ暗殺され、無政府状態になっていた。

1849年2月9日に革命によりローマ共和国が樹立された。教皇はガエータに避難した[1]ジュゼッペ・マッツィーニアウレリオ・サッフィイタリア語版英語版カルロ・アルメッリーニイタリア語版英語版の3人が三頭執政官となった。

しかし、同じ1849年のジュゼッペ・ガリバルディなどのローマ防衛軍は、ローマ大学の戦いイタリア語版においてジャニコロ丘イタリア語版フランス語版英語版で一時フランス軍を撃退するが、抵抗もむなしく7月3日にルイ=ナポレオン・ボナパルト(後のナポレオン3世)率いるフランス軍に降伏した。教皇も1850年にローマに戻った[1]

以後[編集]

イタリア統一運動により1861年にイタリア王国が成立した。さらに教皇領を守護していたフランス軍が普仏戦争での敗北によって撤退すると、イタリア王国軍によってローマが占領され、1870年に教皇領は消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ a b ポリアコフ 2巻,p.387-391.

参考文献[編集]

  • レオン・ポリアコフ 『反ユダヤ主義の歴史 第2巻 ムハンマドからマラーノへ』 合田正人訳、筑摩書房、2005年8月10日ISBN 978-4480861221[原著1961年]

関連項目[編集]