ウルビーノ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルビーノ公国
Ducato di Urbino
イタリア王国 (中世) 1443年 - 1631年 教皇領
ウルビーノ公国の国章
(国章)
ウルビーノ公国の位置
17世紀のウルビーノ公国
首都 ウルビーノ1443年-1523年
ペーザロ1523年-1631年
ウルビーノ公(1443年以前はウルビーノ伯)
1443年 - 1444年 オッダントーニオ2世
1623年 - 1631年 フランチェスコ・マリーア2世
変遷
ウルビーノ伯領の設立 1213年
公国の設立 1443年
教皇領へ帰属 1625年
教皇領への正式な併合 1631年

ウルビーノ公国イタリア語:Ducato di Urbino)は、1443年から1631年まで、現在のイタリアマルケ州北部に存在した国家である。

設立[編集]

ウルビーノ公国の誕生は1443年エウゲニウス4世オッダントーニオ2世・ダ・モンテフェルトロウルビーノ公に任命した時に遡る。ウルビーノの街は国家の首都となり、イタリアのルネサンスの中心の一つになる準備がなされた。1523年にペーザロに遷都されると衰退が始まった。

境界[編集]

設立時のウルビーノ公国は、東をアドリア海、西をフィレンツェ共和国、残りは教皇国家と接していた。

略歴[編集]

1213年に設立されたウルビーノ伯は教皇によりウルビーノ公とされ、公国はモンテフェルトロ家により統治された。その後、国家はデッラ・ローヴェレ家が引継ぎ、1631年にウルバヌス8世(1623年-1644年)によりウルビーノ公国行政区(レガツィオーネ)として教皇国家に併合されるまで存在した。18世紀にはウルビーノ行政区は教皇国家のただの県となった。

歴代ウルビーノ伯および公[編集]

モンテフェルトロ家(ウルビーノ伯)[編集]

モンテフェルトロ伯も兼ねる。

モンテフェルトロ家(ウルビーノ公)[編集]

デッラ・ローヴェレ家(ウルビーノ公)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デッラ・ローヴェレの美術的な収集品はフェルディナンド2世・デ・メディチの妻のヴィットーリア・デッラ・ローヴェレが相続し大部分をフィレンツェに移送した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]