ランゴバルド王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ランゴバルド王国
東ローマ帝国 568年 - 774年 フランク王国
ベネヴェント公国
教皇領
ランゴバルドの位置
アイストゥルフ在位時(751年)のランゴバルド王国の領域(灰色)
首都 パヴィア
イタリア王
568年 - 572年 アルボイン(初代)
774年 - 774年 アダルギス(最後)
変遷
成立 568年
滅亡 774年

ランゴバルド王国(ランゴバルドおうこく、: Regnum Langobardorum: Regno longobardo: Langbardland: Kingdom of the Lombards)は、中世イタリア568年あるいは569年に建国されたゲルマン系ランゴバルド族による王国である。イタリア語からの音訳でロンゴバルド王国ともいう。首都パヴィアに置かれ、774年カール大帝によって実質的に滅ぼされた。

王国は2つの主要な部分からなっており、イタリア半島の北部から中部に存在したより重要な北部(その西側をネウストリア、東側をアウストリアという)と、イタリア南部のベネヴェント・スポレート両公国によって形成されていた。王国の2世紀にわたる歴史において、両地域は安定して統治されたわけではない。王国を形成していた諸公の権力は強く、王権が強大なときも勢力を蓄え、諸公の力を抑制する努力は全く実らなかった。ランゴバルド的な個性は徐々に消えていき、イタリア王国へと発展した。ランゴバルド人は徐々にローマ帝国の役職名や固有人名、伝統を受け入れていき、7世紀には一部がキリスト教に改宗したが、宗教的民族的対立は解消されずに長く続いた。パウルス・ディアコヌスが著述活動をしていた8世紀までには、ランゴバルド族の言葉は失われ、固有の装束様式や髪型は消滅していた。ランゴバルド族の文化水準は低く、影響は文化的には大したことはなかったが、政治的には以後長く続くイタリアの分裂の端緒となった[1][2]

王国の支配領域であるポー川流域一帯はランゴバルド人の土地と言う意味で、現在のロンバルディア州の語源になった。ランゴバルドとは「長い髭」 (longa barba) を意味しているとの説がある。

歴史[編集]

東ローマ帝国6世紀553年に、ローマ皇帝ユスティニアヌス1世東ゴート王国を滅ぼしてイタリアを再度ローマ帝国領とすることに成功した。ユスティニアヌス帝による再征服活動によって、イタリア半島は再びローマ皇帝支配に服すこととなった。しかし、565年にユスティニアヌスが死去した後、東ローマ帝国はサーサーン朝ペルシャ帝国との抗争で西方にまで手が回らなくなった。この隙をついてアルボイン率いるランゴバルド族がアルプス山脈を越えてイタリアへ侵入し、569年北イタリアを東ローマ帝国から奪い、王国を建国した。首都はパヴィアに置かれた。その後も北イタリア・中部イタリアを東ローマ帝国から奪い、ローマ市を包囲するなど、ローマ教皇に圧力を加えた。しかしローマ教皇ハドリアヌス1世フランク王カール(後のカール大帝)に援助を求め、これに応じたカールによって773年より攻撃を受け、パヴィアは占領され、国王デシデリウス英語版は捕虜とされて774年にランゴバルド王国は滅亡した。その後、カールがランゴバルド王を兼ねることとなった。

ランゴバルド族とゲピド族の抗争[編集]

ランゴバルド族は1世紀までにエルベ川下流域に定住し、その後547年にビザンツ帝国によって、パンノニアとノリクムの境界地域に定住を許された[3]。パンノニアはゴート戦争開始によって生じた防備の弱体化をついてゲピド族によって占領されており、彼らはシルミウムを首都として王国を築いた。そのため、ビザンツ帝国はゲピド族と東ゴート王国への対抗の意味で領内にランゴバルド族を招き入れたのであった[4][5][注 1]

ランゴバルド族はゲピド族を抗争を繰り返し、566年になってビザンツ帝国がゲピド族と同盟を結ぶと、ランゴバルド族はその東方にいたアヴァール人と結んでこれに対抗、結果としてゲピド族は567年に滅亡した[7]

アルボインによる王国創始[編集]

しかし強大なアヴァール人に圧迫を受けるようになったランゴバルド族は568年になると、王アルボインに率いられてイタリア半島に侵入し、その年のうちにヴェネト地方の大半を占領した[8]569年にはメディオラヌムを、572年にはティーキヌムを占領し[注 2]、後者を首都としてランゴバルド王国が成立した[8][9][10]

諸侯の時代[編集]

572年にアルボインが暗殺され、王位を継いだクレフ574年に暗殺されると、ランゴバルド王国は30人以上の諸公が支配する連合政体へと変化した[11][12]

しかしその勢いは衰えず、諸公の一人ファロアルド1世イタリア語版英語版スポレートを支配下においてスポレート公国を築き、他の諸公ゾットーネイタリア語版英語版はさらに南下してベネヴェントを占領、ベネヴェント公国を打ち立てた[11][12]


ビザンツ帝国とフランク王国による征討[編集]

ランゴバルド諸公に対して、ビザンツ帝国は金銭による懐柔外交を展開するとともに、フランク王国と同盟してこれを打倒しようとした[11][13]

フランク王国はすでに574年ランゴバルド王国を征討し、これを打ち負かして貢納と領土の割譲を条件に講和しており、イタリア半島情勢への介入には消極的な姿勢を保っていた[14]が、ビザンツの勧誘を受けて585年588年にイタリアへ侵入し、クレフの子である王アウタリウスは貢納を条件に589年これと講和した。590年にもフランク族は大軍をもってランゴバルド王国を攻撃したが、これは掠奪をおこなうに止まった[15]

アウタリウス・アギルルフス[編集]

フランクによる対外危機は分裂する傾向にあったランゴバルド族に結束の必要を認識させた。574年以来ランゴバルド族は王を戴かずに諸公の合議によって統治されていたのであるが、584年になると、アウタリウスが選出されて王となった。アウタリウスの死後跡を継いだアギルルフス591年、毎年の貢納を条件にフランク王国と和解し、ビザンツ領を侵し始め、593年にはローマを包囲してグレゴリウス1世と交渉し、598年には教皇と講和した[16]


アウタリウスの治世に首都パヴィアを中心として王国としてのまとまりが現れ始め、次代のアギルルフスの治世下には統治制度が整備されて国家としての体裁をとるようになった[17]パウルス・ディアコヌスは『ランゴバルド史』の中で、このアギルルフスの治世に実現された平和を賞賛している。

アダロアルドゥス時代のカトリックへの改宗[編集]

616年のアギフルススの死後はアダロアルドゥスが継いだが、妃であったテオデリンダが権力を握った。テオデリンダはカトリック信仰に熱心で、教皇グレゴリウス1世とも親しく、聖コルンバヌスによる修道院設立を支援した。アギフルススがアリウス派を捨て、カトリックに改宗したのも彼女の影響である。

また彼女以後歴代の国王は、三章書論争(三主題論争)で三章書を支持して分離したミラノアクィレイアの教会とローマ教会との調停に尽力した。三章書とはモプスエスティアのテオドロスの著作、キュロスのテオドレトスによるアレクサンドリアのキュリロスに対する駁論、エデッサのイヴァスによるテオドロス賞賛の手紙を指す。単性説カルケドン派の対立において、単性説側はこれら三章書がネストリウス的異端に染まっているとし、異端の書であるにも関わらず、カルケドン公会議はこれらの書を批判していないとして非難した。ユスティニアヌスはこれを受けて三章書を異端とする勅令を543年545年に出したが、これにローマ教皇ウィギリウスをはじめ西方教会が反発した。ユスティニアヌスはウィギリウスをコンスタンティノープルに招いて説得に努め、ウィギリウスは翻意して三章書を非難するようになったが、西方の司教たちは逆に教皇を非難して破門し、ウィギリウスは動揺して三章書批判を撤回した。553年第2コンスタンティノープル公会議で三章書を異端とする勅令が出され、この問題の最終決着が図られたが、西方教会ではこれを認めなかった[18]。とくに三章書を積極的に支持し、ローマ教皇の不明瞭な態度を非難する一派はアクィレイア司教マケドニウスを中心にアクィレイアで教会会議を開き、独自の総主教をたてて独立した。この「三章書のシスマ」は658年まで続いた。(en:Schism of the Three Chapters参照)}}

アリオアルドゥスの時代[編集]

626年アダロアルドゥスは義兄アリオアルドゥスによって弑され、アリオアルドゥスは王位に就いた。この簒奪の背景にはビザンツ帝国との融和政策に対するランゴバルド武人の不満があったと考えられる。アリオアルドゥスはアリウス派であった。

ロターリのアロディ朝[編集]

636年にアリオアルドゥスが死ぬと、その妃グンディベルガを娶ったロターリが王に選出された。ロターリは東方でイスラーム教徒と争っているビザンツ帝国の支配のゆるみをついて領土を積極的に拡大し、リグーリアコルシカ・ヴェネツィア周辺部などを奪取した[19]。またロターリは643年に「ロターリ王の告示」、いわゆるロターリ法典を編纂したが、これはランゴバルド人の法慣習を採録したものである[20]。ロターリはランゴバルド王国の最盛期を現出したが、652年のその死後、王国は急速に分裂、弱体化した。

彼の息子ロドアルドゥスは短命で、653年アギロルフィング家アリペルトゥス1世に王位が移った。アリペルトゥス1世の死(661年)に際して2人の息子に王国が分割されたが、これが内紛を生じ、662年ベネヴェント公グリモアルドゥス1世が王位を手に入れることとなった[21]


ベネヴェント朝[編集]

クレフ王の死後の10年間、ランゴバルド諸公は一種の合議政体をもって王国を運営し、この間に地方に割拠する諸公の力は強まった。特にイタリア中部のスポレート公国と南イタリアのベネヴェント公国はラヴェンナとローマの枢軸を維持するビザンツ帝国によって、北イタリアのランゴバルド王国の中央から隔てられているために、自立性が高かった。初代ベネヴェント公ゾットーの跡を継いだアリキス1世はビザンツ帝国カラブリアと沿岸都市以外の南イタリアをほぼ制圧し、広大な領土を支配するようになった[21]

第5代のグリモアルドゥス1世はランゴバルド王国で起きた王位継承を巡る争いに乗じて、ランゴバルド王位を獲得し、ランゴバルド王とベネヴェント公をかねてランゴバルド人を統一した[21]。しかし彼の死後は2人の息子がランゴバルド王位とベネヴェント公位を分割して保持することになり、再び両国は分かたれた。ベネヴェント公位を継いだロムアルドゥスは弟のガリバルドゥスにランゴバルド王位を譲った[22]。まだ幼かったガリバルドゥスは即位後1年で王位をペルクタリトゥスに奪われ、ランゴバルド人の統一は失われた。

リウトプランド時代[編集]

リウトプランドの肖像が描かれたトリミセス貨幣(1トリミセス=1/3ソリドゥス

その後北のランゴバルド王国では短期間での王位の変転が続くが、712年リウトプランドが王位につくと、ビザンツ帝国側の内紛を利用して領土を拡大した。

ビザンツ皇帝レオン3世イコノクラスムを開始すると、教皇グレゴリウス2世はこれに反発して皇帝と対立し、折しも対イスラーム教徒戦争の重税に苦しんでいた多数のイタリア都市も帝国の支配に反抗した。この防備の弱体化をついてリウトプランドはビザンツ領へ侵攻し、730年ごろにはラヴェンナを奪取した[23][注 3]

ビザンツ帝国は教皇グレゴリウス3世の登位後、ヴェネツィアの協力を得て、734年にこれを奪還した[23][注 4]

リウトプランドはカール・マルテルと同盟してムスリムとも戦い、725年ごろにはムスリム支配下のコルシカ島を従属させた。710年から730年の間にはサルディニア島にあったアウグスティヌスの遺骸がパヴィアに運ばれ、サン・ピエトロ大聖堂 (en:San Pietro in Ciel d'Oro) に納められた[23][26]

またリウトプランドの治世に、ロターリ法典は新たに153章の法文を付けくわえられたが、これらの中には女性や貧者に抑圧に抗する一定の権利を認めるものが含まれている[23]

リウトプランドの後はまた短命な王が続くが、749年に即位したアイストゥルフは精力的で、751年にラヴェンナを制圧してイタリア半島をほぼ統一した。しかし754年757年の2度、教皇ステファヌス3世の懇請を受けてピピン3世がイタリアに侵入すると、これらの征服地は奪回された[27]

滅亡[編集]

アイストゥルフの次代の王デシデリウスカール大帝の弟カールマンと結んでフランク王国の政治に介入しようとし、また教皇領を攻撃して領土拡大を目指したが、逆に773年カール大帝のイタリア遠征を招き、翌774年には首都パヴィアが陥落してデシデリウスは廃され、カール大帝が自らランゴバルド王を兼ねるに至って、ランゴバルド王国は実質的に滅亡した[28][29][30]

ベネヴェント公国[編集]

他方、ロムアルドゥスの後継者たちが支配した南のベネヴェント公国は、774年のランゴバルド王国滅亡を傍観しながら生き残り、8世紀後半にはランゴバルド王国の正統を自認してベネヴェント侯国を名乗るようになる[31]

侯国の地方統治はガスタルディウス (gastaldius) という地方役人が担っていたが、彼らは徐々に侯から独立するようになり、ベネヴェント侯国は分権化し始めた[32]839年に第5代のベネヴェント侯シカルドゥスが暗殺された後、侯位を巡って争いが起こり、849年にはサレルノ侯国イタリア語版英語版が分かれた[33]

ランゴバルド三侯国[編集]

このサレルノ侯国の有力者カープア伯は861年に自立してカープア伯領を形成するが、900年にカープア伯アテヌルフス1世イタリア語版英語版がベネヴェント侯に即位してカープア・ベネヴェント侯国イタリア語版英語版が成立した[33]。この統一侯国は982年まで続くが、その後はベネヴェント侯国とカープア侯国イタリア語版英語版に分かれた[34]。こうしてランゴバルド三侯国が成立した。

国王[編集]

レティング朝[編集]

ガウシ朝[編集]

諸侯の時代[編集]

ハロディング朝[編集]

アギロルフィング朝[編集]

ベネヴェント朝[編集]

アギロルフィング朝[編集]

諸侯の時代[編集]

系図[編集]

クラッフォ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タート
 
ウニキス
(ウニギス)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イルドキス
 
ワッコ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワルタリ
 
ウィシガルダ
 
テウデベルト1世
フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルドイン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テオデバルド
フランク王
 
ワルドラーダ
(531-572)
 
ガリヴァルト1世
バイエルン公
 
クレーフィ
 
 
アルボイーノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タッシロ1世
バイエルン公
 
 
 
 
 
 
 
アウタリ
 
テオデリンデ
 
アギルルフ
 
グンドアルド
(565-616)
アスティ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アギロルフィング家
バイエルン公
 
アリヴァルド
 
グンディベルガ
 
ロタリ
 
アダルヴァルド
 
グンドペルト
 
アリペルト1世
 
ベネヴェント公家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロドヴァルド
 
ペルクタリト
 
ゴデペルト
 
テオデラード
 
グリモアルド1世
ベネヴェント公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クニペルト
 
ラギムペルト
 
 
 
ガリバルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リウトペルト
 
アリペルト2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンスプランド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グントルト
 
リウトプランド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デシデリウス
 
 
 
ヒルデプランド
 
 
 
 
ラトキス
フリウーリ公
 
アイストゥルフ
フリウーリ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タッシロ3世
バイエルン公
 
リウトペルガ
 
デシデラータ
 
カール大帝
フランク王
 
アダルギス
 
アデルペルガ
 
アリキス2世
ベネヴェント公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グリモアルド3世
ベネヴェント公
 

ロンバルディアの鉄王冠[編集]

歴代のランゴバルド王が着けていた“ロンバルディアの鉄王冠”と呼ばれる冠がある。これはランゴバルド滅亡の後は、カール大帝をはじめロンバルディア王(すなわち北イタリア王)を兼ねた神聖ローマ皇帝の戴冠式で用いられ、後世ではナポレオン・ボナパルトオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世もこれを戴冠した。

注釈[編集]

  1. ^ あるいは当時ヴェネツィア周辺を制圧していたフランク族への対抗の意味があるか[6]
  2. ^ ただし、尚樹啓太郎『ビザンツ史』はティーキヌムとパヴィーアを別都市であるかのように記述している[8]
  3. ^ あるいは734年[24]もしくは737年[25]か。ランゴバルド王国の英語版記事732年とする。
  4. ^ あるいは740年か[25]

脚注[編集]

参考文献[編集]


関連項目[編集]