フィレンツェ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィレンツェ公国
Ducato di Firenze
フィレンツェ共和国 1532年 - 1569年 トスカーナ大公国
フィレンツェの国旗 フィレンツェの国章
(国旗) (国章)
フィレンツェの位置
公用語 イタリア語
首都 フィレンツェ
1532年 - 1537年 アレッサンドロ・デ・メディチ(初代)
1537年 - 1569年 コジモ1世(最後)
変遷
成立 1532年
トスカーナ大公国となる 1569年
通貨 フローリン

フィレンツェ公国(フィレンツェこうこく、: Ducato di Firenze)は、16世紀イタリアに存在した国家である。首都はフィレンツェ

1532年神聖ローマ皇帝カール5世によりアレッサンドロ・デ・メディチにフィレンツェ公の位が与えられると、メディチ家に事実上支配されていたフィレンツェ共和国はフィレンツェ公国となった。1537年にアレッサンドロが暗殺されると、傍系であるコジモ1世・デ・メディチが後を継いだ。1555年にはシエーナ共和国との戦争が終わり、1559年カトー・カンブレジ条約によりシエーナを併合した。1565年に、息子のフランチェスコが、前神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の娘ヨハンナと結婚し、神聖ローマ帝国との結びつきをさらに強めた。1569年にコジモ1世が大公位を得ると、フィレンツェ公国はトスカーナ大公国へと変わった。

関連項目[編集]