ジョヴァンナ・ダズブルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンナ・ダズブルゴ

ジョヴァンナ・ダズブルゴ(Giovanna d'Asburgo, 1547年1月24日 - 1578年4月10日)は、トスカーナ大公フランチェスコ1世・デ・メディチの最初の妃。ドイツ語名ヨハンナ・フォン・ハプスブルク(Johanna von Habsburg)。

神聖ローマ皇帝フェルディナント1世と皇后アンナの末娘として生まれた。

1565年12月18日フィレンツェでフランチェスコと結婚。フランチェスコは彼女を「青白くやせっぽちで魅力に乏しい」と見放し、ジョヴァンナはひどいホームシックに陥った。結婚生活は不幸で、彼女は夫に見向きもされず、トスカーナを自分の国と考えることができなかった。しかし、義父コジモ1世は彼女に優しく、ヴェッキオ宮殿の庭を彼女のために美しく飾り立てた。

12年の結婚生活の間に、フランスアンリ4世妃となったマリーア(マリー・ド・メディシス)を含む8子をもうけた。