イースト・アングリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イースト・アングリア王国
Kingdom of the East Angles
Ēast Engla Rīce
Regnum Orientalium Anglorum
サブローマン・ブリテン 6世紀 - 918年 ウェセックス
イースト・アングリア王国の位置
公用語 古英語ラテン語
首都 レンデルシャム(Rendlesham
ドモック(Dommoc
? - ? ウェッハ英語版 (初代)
593年 - 623年 レドワルド
902年 - 918年 グスルム二世 (最後)
変遷
建国(アングル人の王国) 6世紀 - 869年
マーシア封臣 654年 - 655年
794年 - 796年
798年 - 825年
デーン人の王国(デーン人封臣 869年 - 918年
イングランドに併合 918年

イースト・アングリア王国:The kingdom of the East Angles または The kingdom of East Anglia; アングル語:Ēast Engla Rīce; :Regnum Orientalium Anglorum)とは、かつてイングランド七王国時代に存在したアングル人を中心とする王国である。

歴史[編集]

6世紀におけるアングル人およびサクソン人によるブリテン島進出に伴い建国され、今日のノーフォークサフォークおよびその周辺を支配した。7世紀から8世紀中ばにかけてウッフィンガス家(Wuffingas)の支配の下に一定の勢力を維持したが、794年以降はマーシア王国に従属して国勢は衰え、869年デーン人に征服されるとデーンロウに組み込まれた。918年アルフレッド大王の子のウェセックスエドワードに再度征服されてイングランドの一部となり、イースト・アングリア王国は歴史の表舞台から姿を消した。

系図[編集]

ウッフィンガス家[編集]

数字は在位年。

 
 
 
ウェッハ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウッファ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティティラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レドワルド
593-623
ブレトワルダ
 
 
 
 
 
エニ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアルプワルド
623-628
 
シゲベルト
631-634
 
アンナ
635-654
 
エゼルヘレ
654-655
 
エゼルワルド
655-664
 
エゼルリック
 
ヘレスウィズ
(ノーサンブリア王族)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サクスブルフ
=ケント王エオチェンベルト
 
エセルスリス
=ノーサンブリア王エグフリッド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアルドウルフ
664-713
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルフワルド
713-749
 
 

参考文献[編集]

  • 桜井俊彰 『イングランド王国前史 アングロサクソン七王国物語』 吉川弘文館、2010年
  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年