西ゴート王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西ゴート王国
西ローマ帝国 415年 - 711年[注釈 1] ウマイヤ朝
アストゥリアス王国
西ゴートの位置
500年頃の西ゴート王国の領域
公用語 ゴート語ラテン語
首都 トロサメリダトレド
君主
395年 - 410年 アラリック1世(西ゴート族の王)
415年 - 419年 ワリア(西ゴート王国初代)
466年 - 484年 エウリック (西ローマ帝国滅亡時)
710年 - 711年 ロデリック(事実上最後)
714年 - 718年 アルド(最後)
変遷
アラリック1世を西ゴート族の王とし西へ略奪に向かう 395年
西ゴート王国成立 415年
西ローマ帝国滅亡 476年
事実上滅亡 711年
完全滅亡 718年

西ゴート王国(にしゴートおうこく、ラテン語Regnum Visigothorum415年 - 711年)は、現在のフランス南部からイベリア半島にあたる地域を支配したゲルマン系王国。はじめはキリスト教アリウス派、のちにカトリックを国教とし、ゲルマン文化・ローマ文化・キリスト教文化を融合させ栄えた。ビシゴート王国とも[1]

ガリア統治時代[編集]

ダキアを経てローマ領内に移動した西ゴート族は、5世紀初頭の指導者アラリック1世のもとイタリア半島に侵入した。すでに首都ではなくなっていたローマを一時的に包囲するが、西ローマ皇帝の説得に応じガリアへと撤退した。このとき、すでにローマ帝国の支配権が及ばなくなっていたガリアヒスパニアの防衛を条件に、領有を認められたとされている。

建国[編集]

415年ワリア王は南ガリアのトロサ(トゥールーズ)を首都と定め西ゴート王国が建国された。また、イベリア半島を征服していたヴァンダル族スエビ族らを討ち、褒賞として418年にホノリウス帝から正式に属州アクイタニアアキテーヌ)を与えられた。

西ローマ帝国とは基本的に友好な姿勢を保っていたが、敵対した時期もある。西ローマ帝国滅亡後にイタリア半島を占領し東ゴート王国を建国する東ゴート族とは連絡を保っていたが共同して行動することはなかった。451年にはパリ西方のカタラウヌムでフン族を撃退した(カタラウヌムの戦い)。

476年に西ローマ帝国が滅びると、エウリック王は混乱に乗じてフランスの中部からイベリア半島の南部まで勢力圏を広げた。このころからヴァンダル族は西ゴート王国に朝貢し、アフリカに退去したためイベリア半島への入植が進んだ。フランス北部では興ったばかりのフランク王国と争った。

宮廷官職[編集]

西ゴート族の間では、5世紀までは制度的な宮廷会議が開かれることはなく、事実上数人の重臣 (princeps) が王の決定に助言を与える会合に参加していた。その後、国の統治に関する王の意志決定に参与する宮廷官職が形成され、有力貴族をもって充てられた。代表的な官職としては、王室及び国の財政を担当するcomes patrimoniiや王の警護を担当するcomes spatariorum、王の書記職であるcomes notariorumなどがある。このような官職に就く貴族は宮中伯 (comes, conde) という称号を帯びていた。やがて王の側近だけでなくカトリック教会の司教や、宮廷会議参加資格を有さない貴族や地方官をも含めた大規模な合議体である王会 (Aula regia) が形成され、中心的な国王の顧問会議となった。これはトレド教会会議が国政に関与するようになるまでは大きな影響力を持っていたが、会議の主導権はあくまで国王の側にあり、王が召集し、その議決は王を拘束するものではなかった。[2]

イベリア半島時代[編集]

700年頃の西ゴート王国の領域

507年クローヴィス率いるフランク族に敗れ、西ゴート王国は宮廷を南フランスからイベリア半島に移した。西ゴート王国は、531年にも再び敗れガリアの領地のほとんどを失った。560年に首都をピレネー山脈の北のトロサからトレドへと移した。

アリウス派からカトリックへの改宗[編集]

西ゴート族はアリウス派を信仰していた。イシドールスによれば、西ゴート族がローマ帝国内に侵入した際のローマ皇帝ウァレンスがアリウス派だったためである[3][4]。ウァレンス帝はニケーア信条を奉じるアタナシウス派を弾圧し、アリウス派信仰を正統としていた[5]。西ゴート王国ではゲルマン人とローマ人の通婚は禁止され、背景には信仰の相違があったと考えられている。レオヴィギルド王の時代にゴート人とローマ人の通婚は許可された[6]

ローマ帝国領内侵入からイスパニア定住に至る西ゴート族の移動期には、カトリック勢力との軋轢は目立たない。イスパニア定住後に軋轢が増加するがその原因はカトリック聖職者の側にあったとされる[3]。イシドールス『ゴート人の歴史』には西ゴート王の異端の過去には配慮が見られ、彼らがカトリックに寛容であったことが強調されている。そのためエウリック王のカトリック迫害にも沈黙している[7]

西ゴート中興の英主レオヴィギルド王はガリアを喪失して以降分裂傾向にあった国内を再統一した。宗教政策上もカトリックには弾圧を加える一方、アリウス派の教義をカトリックが入信しやすいよう一部改変し、統一をはかった。カトリックに改宗したヘルメネギルド王子の反乱があったが[8]、反乱の翌580年に王はアリウス派の教会会議を開き、従来「父」より下位に置かれていた「子」を、「父」と同格とした。これによりカトリック側からの改宗者が増えたが、カトリック教会側は勢力切り崩しと捉え、反発した[9]

つづくレカレド王は587年に、メロヴィング朝と同じくカトリックに集団改宗した[10]レカレド王の改宗は個人的なものとも集団的ともとれるが[11]589年の第三回トレド教会会議にて西ゴート王国は公式にアリウス派からカトリックへ改宗した[12][11]。これによりアリウス派の反乱を鎮圧、王権と教会の提携を強め、西ゴート王国はカトリック国家となった。会議では、教義だけでなく世俗的な問題も議題とされ、世俗の高官も臨席した。首都トレドはキリスト教西ヨーロッパ世界の宗教的政治的首都と見なされるようになった。レカレド王は589年から701年の間に18回の宗教会議を召集し、6世紀中頃からは神権政治の色彩を帯びるようになる。

イベリア半島制圧[編集]

フランク王国、イベリア半島の先の征服王朝であるスエボス王国、東ローマ帝国としばしば争った。621年にはスウィンティラ王のもとイベリア半島のほぼ全土を支配するに至った。

滅亡[編集]

711年にイスラーム勢力のウマイヤ朝がイベリア半島に上陸、最後の王であるロデリックグアダレーテ河畔の戦い英語版で戦死して滅亡した。一部の残党は718年まで抵抗を続けたが、一般的にはこの年を滅亡年とする。

滅亡したあと、西ゴート王国の王族とキリスト教徒の一部はイベリア半島北部の山岳地帯に逃げ込みアストゥリアス王国を建国、後のカスティーリャ王国レオン王国のもととなった。西ゴート王国時代の建造物などはほとんど残されていないが、多くの国民は宗教的に寛容なイスラム支配を受け入れ、後のスペイン文化の基礎を作っていった。

法制[編集]

西ゴート族はローマとの交流を早くに持ったため、ローマ化するのも早かった。イベリア半島に定住してからはゲルマン慣習法とローマ法(のちにはキリスト教の要素も加味された)に基づく法令がたびたび発され、征服地であるイベリア半島の住民とゴート族の融合がはかられた。これはゴート族が学問を重んじ、ギリシャ・ローマ文化の維持に努めたためだと考えられる。

618年ないし619年第2回セビリャ教会会議および633年第4回トレド公会議ではイシドールスの活躍により、西ゴート王国の教会は独立と自由を維持しながらも国王に忠誠を誓うという形で、ローマ教皇の管轄権を排除した。

630年代におこなわれた3回の公会議は世俗の問題についての議決を多く含むが、『西ゴート統一法典』にはこの時期の王の名を冠する法は採録されていない。公会議が王国会議と見なされ、議決が王国法として機能したためとされる[13]。玉置さよ子は、この時期の王、シセナンドとキンティラの名を冠した法が『西ゴート統一法典』に採録されていないのはキンダスイント王以降西ゴート王の王権強化の意図が見えるとする。たとえば反ユダヤ人立法では、シセナンド・キンティラ両王の時代に王の名による世俗法の立法が見られず、カノンの決定に反ユダヤ規定があることに鑑みると、世俗的なシセナンド・キンティラ期のカノンは世俗法の代わりを果たしていたと思われる。キンダスイント王以降、西ゴート王は世俗法制定を通じて王権強化を図ろうとしたが、シセナンド王とキンティラ王の時期に公会議によって世俗法が決定された前例はこれと対立する事実である。したがって、キンダスイント王の子であるレケスイントは、『西ゴート統一法典』において意図的にこの2王の名を冠した章を設けなかった。『西ゴート統一法典』により立法に対する西ゴート王の絶対的権限が確立された。[14]

654年にリベル法典が発布され、同時に属人法の廃止、すなわち人種によって法令の使い分けがなされなくなった。つまりこの時期の頃にはすでにゴート人と先住人の文化的な差異はなくなっていたと見られる。このとき異人種間の結婚が公に認められ、人種的にも同化が進んでいったと考えられている。

政治・文化[編集]

指導者は世襲と合議・選挙による選出という古ゲルマンの慣習に従ったものだったため王の暗殺、廃位や内戦がたびたび起こった。イベリア半島へ移り住んでから滅亡までの200年間に26人の王が立ち、平均在位は8年足らずであったことからも王権の弱さがわかる。

レカレド王の改宗[編集]

当時のゲルマン人の集団改宗は近代的な個人の信仰心のあり方と同列に論じることはできない[10]3世紀までのキリスト教への改宗は、使徒や宣教者の超自然的能力に対する驚きや感嘆、あるいは殉教の目撃という個人的体験に基づいて行われていたのに対し4世紀以降の改宗は崇敬感情よりも政治的熟慮のほうが勝っており、宣教活動は支配者を対象として行われた[15]。また西ゴート王国は改宗以前に、被支配民であるローマ系住民はカトリック、支配者であるゴート族はアリウス派からカトリックへの改宗が進んでおり、両者のアイデンティティーの統合は進みつつあった[16]。レカレド王は改宗後に徹底的なアリウス派根絶に努めており、それにより王を中心とする政治的宗教的統一体形成の基盤をなしたという見方もある[11]

宗教政策[編集]

589年のレカレド1世によるカトリック改宗も先住ラテン人たちとの対立解消に役立ったが、同時にアリウス派を信じる人々との溝が深まり内戦の原因となった。レカレド1世は同時にローマ貴族であるフラウィウス氏を名乗るが、これも民族融和策の一つと考えられている。王国の初期にはユダヤ人に対しても寛容であったが、宗教の政治への介入が強まるにつれて非寛容へと転じていった。

第4回トレド公会議で定められた75のカノンの最後のカノンにおいて、イスパニアの君主と教会の関係に言及している。このカノンはのちの公会議で繰り返し言及され、西ゴート王国における聖俗の権力関係を規定していくことになった。カノンは西ゴート古来の選挙王制に言及し、ゴート人の代表と聖職者によって王が選ばれるべきと述べる。さらに王に正義と敬虔を要求し、法による支配を求め、法に反した支配をおこなった王は破門されると記す。このような規定により、イスパニアの教会はここにおいて西ゴート王国の現実政治に直接的な責任を負う存在と自らを位置づけたのである。[17]

トレド大司教を頂点とする自律的な教会組織が整えられ、国王は「王にして祭司」として君臨し、西ゴート教会はローマ教皇からの自立性を高めた。のちには国王の即位に塗油の儀式も付け加えられるようになった。確実に知られるのは672年のワムバ王の即位時であるが、おそらくレカレド王時代からおこなわれていたと考えられている。西ゴート王国では、国王は宗教上の問題に関しても法令を出した。

王権と教会の関係[編集]

西ゴート王国の王権と教会の関係については、特に王のカトリック改宗後の両者の関係を「神権政治」ないし「神政政治」と見る見方が18世紀以来支配的であったが1930年代に国王の側に主導権を認め、君主専制国家として教会を従属させていたと見る見方が提起された。[18][19]

また改宗前の西ゴート王国については、フランク王国を除く他のゲルマン民族国家と同様、支配者と被支配民の間で信仰が異なる「二重国家」の典型として見られてきたが、そのことが過去の日本において、カトリック改宗後の西ゴート王国について研究を滞らせてきた[20]

年表[編集]

歴代君主[編集]

  1. アラリック1世395年410年
  2. アタウルフ(410年 - 415年
  3. シゲリック(415年)
  4. ワリア(415年 - 419年
  5. テオドリック1世(419年 - 451年
  6. トリスムンド(451年 - 453年
  7. テオドリック2世(453年 - 466年
  8. エウリック(466年 - 484年
  9. アラリック2世(484年 - 507年
  10. ゲサリック(507年 - 511年
  11. アマラリック(511年 - 531年
  12. テウディス(531年 - 548年
  13. テウディギセル(548年 - 549年
  14. アギラ1世(549年 - 554年
  15. アタナギルド(554年 - 567年
  16. リウヴァ1世568年573年
  17. レオヴィギルド(568年 - 586年
  18. レカレド1世(586年 - 601年
  19. リウヴァ2世(601年 - 603年
  20. ウィテリック(603年 - 610年
  21. グンデマル(610年 - 612年
  22. シセブト(612年 - 621年
  23. レカレド2世(621年)
  24. スウィンティラ(621年 - 631年
  25. シセナンド(631年 - 636年
  26. キンティラ(636年 - 640年
  27. トゥルガ(640年 - 641年
  28. キンダスウィント(641年 - 649年
  29. レケスウィント(649年 - 672年
  30. ワムバ(672年 - 680年
  31. エルウィグ(680年 - 687年
  32. エギカ(687年 - 701年
  33. ウィティザ(701年 - 710年
  34. ロデリック(710年 - 711年
  35. アギラ2世(711年 - 714年
  36. アルド(714年 - 718年

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラリック1世1
 
 
アタウルフ2
 
ガッラ・プラキディア
(ローマ皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テオドリック1世5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トリスムンド6
 
テオドリック2世7
 
フレデリック
 
エウリック8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラリック2世9
 
テオデゴンダ
(東ゴート王テオドリック娘)
 
 
 
クロヴィス1世
フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(庶子)
ゲサリック10
 
アマラリック11
 
クロティルダ
 
クロタール1世
フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リウヴァ1世16
 
テウドシア
 
レオヴィギルド17
 
ゴイスウィンタ
 
アタナギルド15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レカレド1世18
 
 
 
 
 
ブルンヒルド
 
シギベルト1世
アウストラシア王
 
ガルスウィント
 
キルペリク1世
ネウストリア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルメネギルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングンド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アタナギルド
 
リウヴァ2世19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シセブト22
 
 
 
 
 
キンティラ26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レカレド2世23
 
 
 
 
 
トゥルガ27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キンダスウィント28
 
 
 
 
 
?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レケスウィント29
 
テオデフレード
 
 
アルデバルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロデリック34
 
 
 
エルウィグ31
 
リウヴィゴート
 
 
 
 
ワムバ30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キクシロ
 
エギカ32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィティザ33
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アギラ2世35
 

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 正確にはアギラ2世(711年 - 714年)及びアルド(714年 - 718年)を含める718年を滅亡年とする。

出典[編集]

参考文献[編集]

日本語文献[編集]

非日本語文献[編集]