ステファヌス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ステファヌス2世と呼ばれることがあるローマ教皇は2人存在する。「ステファヌス」の名を持つ教皇の代数に関する歴史的経緯はステファヌス (教皇選出者)#「教皇ステファヌス」とその代数を参照。

  1. ステファヌス2世 (教皇選出:752年)→即位する前に死去したため、現在は正式な教皇に数えられていない。ステファヌス (教皇選出者) を参照。
  2. ステファヌス2世 (在位:752年-757年)→ステファヌス2世 (3世)とも書かれる。

本項では、現在教皇庁および『教皇庁年鑑英語版』が正式に認めている、757年に没した人物について扱う。


ステファヌス2世
第92代ローマ教皇
La donacion de Pipino el Breve al Papa Esteban II.jpg
教皇就任 752年3月26日
教皇離任 757年4月26日
先代 ザカリアス
次代 パウルス1世
個人情報
出生 715年
Byzantine imperial flag, 14th century, square.svg東ローマ帝国ローマ
死去 757年4月26日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
原国籍 イタリア
テンプレートを表示

ステファヌス2世(Stephanus II、715年 - 757年4月26日)は、第92代ローマ教皇(在位752年757年)。

概要[編集]

757年、先に教皇に選出されていたステファヌスの急死の後、教皇に選出された。

ランゴバルド族によりラヴェンナが奪われ、ローマが侵略されると、ステファヌス3世はフランク王国国王ピピン3世に救援を求めた。ピピンは2度の戦いによりランゴバルド族を破り、奪還したラヴェンナをステファヌス3世に献上した。これがいわゆる「ピピンの寄進」であり、後の教皇領のもとになった。