エルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ermont
Blason Ermont 95.svg

Ermont - Eglise Saint-Flaive.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ドワーズ県
(arrondissement) ポントワーズ郡
小郡 (canton) エルモン小郡
INSEEコード 95219
郵便番号 95120
市長任期 ユーグ・ポルテリ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération Val-et-Forêt
人口動態
人口 27,670人
2007年
人口密度 6651人/km2
住民の呼称 Ermontois, Ermontoises
地理
座標 北緯49度01分50秒 東経2度03分38秒 / 北緯49.0306度 東経2.0606度 / 49.0306; 2.0606座標: 北緯49度01分50秒 東経2度03分38秒 / 北緯49.0306度 東経2.0606度 / 49.0306; 2.0606
標高 最低:43m
最高:65m
面積 4.16km2
Ermontの位置(フランス内)
Ermont
Ermont
公式サイト http://www.ville-ermont.fr
テンプレートを表示

エルモン (Ermont) は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県コミューン

地理[編集]

モンモランシー谷の中心部に位置する。パリの北西約15マイルの地点にある。

歴史[編集]

ロベール・ビチュ広場とスターリングラード通り
1920年代のエルモンの市場

エルモンという地名は、ガロ=ローマ時代の地名エルメドン (Ermedon) に由来する。

新石器時代にモンモランシー谷およびエルモンの地に人が定住したと考えられている。

ガロ=ローマ時代、ルテティアからリールボンヌへ向かうローマ街道(ユリウス・カエサル車道)に面して村はあったが、3世紀後半のゲルマン人侵攻で破壊されて4世紀に復興した後、メロヴィング朝時代の6世紀から7世紀にかけて繁栄した。9世紀、サン=ドニ修道院はErmedonisという村の存在を記している。そしてキリスト教の教会は、メロヴィング朝時代のネクロポリスの上に建てられていた。その後、村はオルモン (Ormont) となり、13世紀以降にエルモンとなった。

エルモンのセルネ地区はかつて聖ヨハネ騎士団コマンドリー(騎士修道会の共同体)があった。これに依存するかたちでエルモンは成長していった。そのほかにも宗教的共同体が存在しており、最初は13世紀にやってきたテンプル騎士団、その後にサン=ヴィクトル=ド=パリ修道院、ルーアンのセレスタン修道会、ボワ=サン=ペール小修道院があった。しかし、村の人口は1471年に40人を越えていなかった。

教会の周りに人々が集まって暮らす農村は、1358年にジャックリーの乱で荒れ、百年戦争ではイングランドの遠征軍に侵略された。16世紀にフランスの小修道院長代表が、エルモン領主となった。1648年と1652年にはフロンドの乱で村は破壊された。

18世紀に野菜・穀物、林業が盛んになる以前、農業の中心はワイン用ブドウ栽培だった。

19世紀に鉄道が敷かれて重要な鉄道ジャンクションができたため、急速な都市化が始まった。ついに20世紀にはパリ郊外の都市となり、次第に都市化に押されて農地は消滅していった。エルモン=オーボンヌ駅、セルネー駅、エルモン=アルト駅、グロ・ノワイエ=サン・プリ駅の周辺は、無計画に作られた住宅地となっている。

交通[編集]

  • 鉄道 - RER C線トランジリアンH線とJ線が乗り入れている。コミューン内にある4つの駅のうち最も重要なのは、エルモン=オーボンヌ駅である。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]