7区 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パリ・7区の位置

パリ7区 (7く、7e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである [1]。第7区、パリ7区ともいう。市のほぼ中央、1区の南西に位置しており、セーヌ川の南岸に面している。

概要[編集]

パリの7区は、市のほぼ中央にある行政区。「パレ=ブルボン区 (Arrondissement du Palais-Bourbon)」と呼ばれることもある [2]。区域は、扇形に近い形をしている。セーヌ川の南岸に面しており、テュイルリー庭園グラン・パレシャイヨ宮の対岸にあたる。人口は、56,985人 (1999年。人口の推移等詳細については後述)。

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその7番目にあたることから、「7区」と名づけられた。フランスの政治・行政の中心となる機関が集中しており、国民議会 (フランス下院)外務省国防省などがあるほか、国際機関としては、ユネスコ (UNESCO) の本部がある。

また、エッフェル塔アンヴァリッド (廃兵院)オルセー美術館など、世界的に有名な施設が多く存在している。周辺のアンヴァリッド地区、フォーブール・サンジェルマン地区は旧貴族の大邸宅が集まる高級住宅街として知られている。

ブルボン宮殿など貴族の公邸、館が立ち並ぶのは、かつて幼君ルイ15世の摂政オルレアン公フィリップ2世ヴェルサイユからパリに宮廷を移す際、伝統的貴族街のマレ地区が既に過密だったため、セーヌ川右岸フォーブール・サントノレ界隈(現在のパリ8区)と共に[3]、当時は樹木が茂り広いスペースのとれたこのセーヌ川左岸一帯が選ばれたのが始まりとされている。

世界最初の百貨店とされるボン・マルシェ百貨店も7区に所在するが、サマリテーヌ百貨店はパリ右岸の1区に、ギャラリー・ラファイエットプランタン百貨店はそれぞれパリ右岸の9区に所在する。

なお、セーヌ川に沿った地域のうち、イエナ橋より上流は「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されている。

地理[編集]

パリ・7区の詳細地図

7区は、パリのほぼ中央部、1区の南西に位置している。セーヌ川の南岸に面しており [4]、市内では、川の湾曲部が最も北に突き出た区域である。面積は、4.09 平方キロメートル。

北東から北西にかけて、セーヌ川を挟んで、同じパリの行政区である1区、8区及び16区に接している。

東はセーヴル通りなどを境界として、6区に接している。サンジェルマン大通りが、サン・ルイ島から5区、6区、7区を通りコンコルド橋まで続く。

西から南にかけては、シュフラン大通りなどを境界として、15区に接している。

隣接する自治体(行政区)[編集]

地区(カルチェ)[編集]

パリの行政区は、それぞれ4つの地区(カルチェ)に区分されている。7区を構成する4地区のコードと名称は、次のとおりである。

住民[編集]

人口[編集]

7区の人口は、1926年に110,684人となり、ピークに達した。しかし、その後は減少を続け、1999年には約半分の56,985人となった。2005年の推計では55,400人と見積もられており、人口の更なる減少が見込まれている。

人口の減少とともに人口密度も減り続けており、1999年の人口密度は、ピーク時の約半分の13,940人となっている。20区のうちで1区8区に次いで3番目に人口密度が低く、パリの平均人口密度の0.6倍である。人口の推移の詳細は、次のとおりである。

区人口 市人口 区人口/市人口 区人口密度 市人口密度 備考
1872年 78,553 1,851,792 4.24% 19,216 21,303
1926年 110,684 2,871,429 3.85% 27,075 33,033 人口がピークに達する。
1954年 104,412 2,850,189 3.66% 25,541 32,788
1962年 99,584 2,790,091 3.57% 24,360 32,097
1968年 87,811 2,590,771 3.39% 21,480 29,804
1975年 74,250 2,299,830 3.23% 18,163 26,457
1982年 67,461 2,176,243 3.10% 16,502 25,035
1990年 62,939 2,152,423 2.92% 15,396 24,761
1999年 56,985 2,125,246 2.68% 13,940 24,449
2005年 55,400 2,166,200 2.56% 13,552 24,920 人口は推計。
1730年のパリ市街図。図の中心部左はアンヴァリッド

歴史[編集]

政治・行政・司法[編集]

主な官公庁・公共機関[編集]

マドレーヌ寺院からのロワイヤル通り、コンコルド広場及びブルボン宮殿の眺め

軍事[編集]

国際機関[編集]

  • ユネスコ本部United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO)

経済[編集]

主な店舗・商業施設[編集]

宿泊施設[編集]

主な宿泊施設[編集]

教育[編集]

オルセー美術館、セーヌ川から眺む

文化施設[編集]

Palais de la Légion d'Honneur (Ancien Hôtel de Salm), cour(レジオン・ドヌール勲章美術館中庭側。旧サルム館)

美術館・博物館[編集]

宗教施設[編集]

教会・寺院[編集]


観光・憩い[編集]

L'entrée de l'hôtel de Lassay (国民議会議長公邸)

建築[編集]

Hôtel de Matignon, salle du conseil(首相官邸会議室)

公園・緑地等[編集]

旧跡・記念碑等[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

La rue de Varenne vue en direction du boulevard des Invalides.

橋梁[編集]

セーヌ川に架かる区内の橋は、次のとおりである(上流から順に列挙)。

広場・交差点[編集]

パリの「広場 (プラス、Place)」は、しばしば2以上の道路が交差する場所に位置し、中心の「島」を道路が周回するロータリー状の交差点となっている場合が多い。中心の「島」部分は、オベリスク緑地等に利用されている場合もあり、凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場は世界的に有名である。7区の広場や交差点には、次のようなものがある。

船舶[編集]

著名な居住者[編集]

王侯貴族[編集]

"貴族街"については、fr:Rue Saint-Dominiquefr:Rue Monsieurfr:Rue de Grenelle 等を参照。

政治家・軍人[編集]

学者[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


  1. ^ フランス語の 「7e 」 = 「septième 」 は、英語の「seventh 」 に相当する序数。「第7の」 「7番目の」を意味する。したがって、原語の「7e arrondissement 」を直訳すると「第7区」となる。
  2. ^ レジフランスLégifrance). “地方自治一般法典 (Code Général des Collectivités Territoriales (CGCT))” R2512-1条. 2008年6月26日閲覧.
  3. ^ 「Hôtel du Châtelet(シャトレ館ないしシャトレ公邸)」のフランス語版の参照文献:Véronique Rampazzo et Patrick Lesieur (dir.), Philippe Abergel (photographies) et Fabienne Casta-Rosaz (textes), L'Élysée, la vie et les métiers de la première maison de France, Le Cherche Midi, 2010, p. 6. 及び、Armand Tandeau, Hôtel du Châtelet : Histoire d'un édifice d'exception, ministère chargé du Travail,‎ (ISBN 978-2-35787-007-9) 等より。
  4. ^ セーヌ川の左岸にあたる。
  5. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007~2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、p.374.
  6. ^ 「ソルフェリーノ橋 (pont de Solférino)」ともいう。

参考文献[編集]

  • MICHELIN編、『Plan Atlas 56 – Paris du Nord au Sud – 』、ISBN 978-2-06-710591-1、MICHELIN、2007年 (仏語。パリ市内の詳細地図。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]