ヴィルジュイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Villejuif
Blason Villejuif 94.svg

Villejuif - Mairie.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) ヴァル=ド=マルヌ県
(arrondissement) ライ=レ=ローズ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 94076
郵便番号 94800
市長任期 クローディーヌ・コルディヨ(PCF)
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) メトロポール・デュ・グラン・パリ
人口動態
人口 51,739人
2010年
人口密度 9689人/km2
住民の呼称 Villejuifois, Villejuifoises
地理
座標 北緯48度47分31秒 東経2度21分49秒 / 北緯48.791906度 東経2.363584度 / 48.791906; 2.363584座標: 北緯48度47分31秒 東経2度21分49秒 / 北緯48.791906度 東経2.363584度 / 48.791906; 2.363584
標高 平均:m
最低:62 m
最高:130m
面積 5.34km2 (534ha)
Villejuifの位置(フランス内)
Villejuif
Villejuif
公式サイト la ville de Villejuif
テンプレートを表示

ヴィルジュイフVillejuif)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ド=マルヌ県の都市。

地理[編集]

県北西部に位置する。フランス国道ゼロ地点であるノートルダム・ド・パリより約8マイル離れている。面積は534ヘクタールで、東西約2km、南北3kmである。

ウルポワ地方北部の台地にあり、セーヌ川谷とビエーヴル川谷に挟まれたロンボワイヨ台地の一部となっている。コミューンの大半がオー・ヴィルジュイフ(高ヴィルジュイフ)と呼ばれる台地の上にあり、その他はバ・ヴィルジュイフ(低ヴィルジュイフ)と呼ばれる東西に連なる丘の上にあたる。

交通[編集]

歴史[編集]

古代から中世までのヴィルジュイフの歴史はよくわかっていない。ヴィルジュイフという地名は、JuviusまたはJuveusという人物が所有したローマ時代のヴィッラの存在を示唆しているとされる[1]。ヴィルジュイフの名が初めて正式に記されたのは、ローマ教皇カリストゥス2世の教書においてで、Villa Judeaとあった。

ヴィルジュイフのキリスト教教区は、登記台帳の記録から、9世紀以降のカロリング朝末期におかれた。土地のほとんどを修道院が所有し、東部の丘の上にはブドウ畑が、台地の上には穀物畑が広がっていた[2].。13世紀から人口が増え、現在の場所にサン=シル・サント=ジュリエット教会が建てられた[3]パリブルジョワたちがヴィルジュイフの土地のいくらかを買い、土地を農民に貸し出していた。法服貴族らもヴィルジュイフの土地を授けられていた[4]

百年戦争で教会に火を放たれるなどの被害を受けたが、16世紀から成長の新たな段階に入った。教会が再建され、王道沿いに建物が建ち、学校ができ、職人が移り住んできた。17世紀から18世紀にも人口増加は続き、王道沿いに商人たちが移住してきた。村の住民は、土地を借りている貧しい小作農で占められていた。村の北西部で石膏の採掘が始まると、中心的な経済活動として20世紀まで続いた[5]

19世紀後半より土地の分譲が始まり、2つの世界大戦の間に住宅地へと変わった。

政治[編集]

バンリュー・ルージュ(banlieue rouge)に属するヴィルジュイフは、1925年以降共産主義市長と左派の優勢な市議会を持つ。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Carlos Escoda, Nouvelles chroniques de Villejuif, Escalier D, Villejuif, 2008 (ISBN 2-9510431-4-7). chap. I. "p11"
  2. ^ Service des archives communales de Villejuif, Une histoire de Villejuif au travers de ses bâtiments publics, 2006. chap. 1 (« Villejuif à travers les âges »), p. 9.
  3. ^ Carlos Escoda, Nouvelles chroniques de Villejuif, Escalier D, Villejuif, 2008 (ISBN 2-9510431-4-7). chap. I (« Ouverture »), p. 13.
  4. ^ Service des archives communales de Villejuif, Une histoire de Villejuif au travers de ses bâtiments publics, 2006 . "p10"chap. 1 (« Villejuif à travers les âges »), p. 10.
  5. ^ Carlos Escoda, Nouvelles chroniques de Villejuif, Escalier D, Villejuif, 2008 (ISBN 2-9510431-4-7). . chap. I (« Ouverture »), p. 14.