カリストゥス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリストゥス2世
第162代 ローマ教皇
Pope Callixtus II.jpg
教皇就任 1119年2月1日
教皇離任 1124年11月13日
先代 ゲラシウス2世
次代 ホノリウス2世
個人情報
本名 ギー・ド・ヴィエンヌ
Guy de Vienne
出生 1065年/1068年?
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ブルゴーニュ伯領 カンジェー
死去 1124年12月13日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ローマ教皇宮殿
その他のカリストゥス

カリストゥス2世(Callixtus II, 1065年/1068年? - 1124年12月13日)は、ローマ教皇(在位:1119年 - 1124年[1])。ブルゴーニュ伯ギヨーム1世の四男で、元の名はギー・ド・ヴィエンヌ(Guy de Vienne)。兄に伯位を継いだルノー2世エティエンヌ1世、およびガリシア伯ライムンドカスティーリャアルフォンソ7世の父)が、姪にフランスルイ6世の王妃アデル・ド・サヴォワがいる。

1122年に神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世との間でヴォルムス協約を結び、叙任権闘争の決着を図った。この協約の承認を求めて、カリストゥス2世が翌1123年に召集した第1ラテラン公会議は、第4コンスタンティノポリス公会議以来2世紀半ぶりに開催された公会議であり、また西方地域で開催された最初の公会議であった。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1050年キンギー城フランス語版にてギヨーム1世リシャール2世の娘アデライードとの間に生まれる。彼のいとこはイタリア王アルドゥイーノ・ディヴレーア、姉のギーゼラは、ハンバート2世(サヴォイア君主)英語版の妻、妹のマオーはウード1世の妻、兄はウラカの夫ライムンド・デ・ボルゴーニャだった[2]

ヴィエンヌ大司教として[編集]

1088年、ギーはヴィエンヌ大司教英語版となり、1111年にパスカリス2世ハインリヒ5世により法王特使英語版を受けた。これにより、彼はグレゴリウス改革によって主張されてきたグレゴリウス7世による特権を、受けた。これらの特権は、1112年のラテン教会会議内の、暴力反対の活動にも影響した[3]

ローマ教皇として[編集]

ギーはヘンリー5世により、大司教をやめさせられたが、その後ローマ教皇の職に就任した。ヘンリー5世ゲラシウス2世との後継者をめぐる対立の中、カリストゥス2世はガエータへの亡命を余儀なくされた。その後、ヘンリー5世との交渉のもと、ローマで宣言した抗議者からの支持を撤回し、教皇と皇帝がランスに近いムッソン城で会うことが合意された。枢機卿ではなかったウィーン大司教ガイ・ド・ブルゴーニュ大司教は、1119年2月2日にクリュニーで選出され、9人の枢機卿が選挙に参加した。そして、その選挙で、ギーはローマ教皇に就任。10月にはギーがランスで協議会を開き、フランスのルイ6世が、自国のほとんどの貴族と、400人以上の司教、修道院長と共に出席した。ヘンリー5世はムッソンでの個人的な会議のために到着したが、予想されていたように一人ではなく、3万人以上からなる軍隊を引き連れていた。ギーは、軍が不利譲歩を行うため攻めてくるのを恐れ、ランスにしばらくとどまっていた。そして、彼の兄弟であるヘンリー1世ロベール2世と大幅な和解が行われたが、効果はなかった。また、評議会と連携して、聖職売買や、事務妾に対する懲戒規則や政令による対処が行われた。さらに、1119年10月30日に、皇帝とギーの対立が破門されるべきであることが決定された[4]。グレゴリウス8世が帝国軍と、イタリアの同盟国の支援を受けていた中、イタリアに帰ろうとした。が、ギーは、ストリの要塞に逃げていたため、ギーはナポリ王国によって逮捕された。彼はサレルノにある刑務所に移送され、のちに釈放となった[3]。そして、ローマ帝国の同盟国は、その後すぐに解散した。

ユダヤ人として[編集]

1120年ごろ、 Sicut Judaeis(ユダヤ人として)というギーの教皇勅書が、ユダヤ人の扱いに関する教皇の公式の立場を明らかにした。それは、5千人以上のユダヤ人がヨーロッパで虐殺された際に、第1十字軍により、求められたものだった。その内容は、破門の苦痛のせいで、ユダヤ人の財産を奪いとったりすることの禁止令や、祝祭の自由など、ユダヤ人を守ることを目的としており、ユダヤ人が「合法的自由を楽しむ[5]」資格があるという教皇グレゴリウス1世やのちのアレクサンドル3世などの立場にも[6][7]影響した。

ヴォルムス条約[編集]

ギーの勢力がイタリアで台頭してくる中、ギーはヘンリー5世と奉仕の問題について、交渉を行うことが決められた。ヘンリー5世は、ドイツで皇室の権威が低下した論争に終止符を打つことを計画していた。そして、3つの枢機卿の大使館が、ギーにより、ドイツへ送られた。1121年10月、ヴュルツブルクにて、叙任闘争の和解のための交渉が始まり、やがて、ドイツは休戦宣言を下し、教会における財産の利用が自由になり、反乱が修復されることに同意することとなった。これらのことはドイツを通してギーにも伝わり、条約についての会議に、助手としてホノリウス2世が派遣され1122年9月23日に、ヴォルムス条約として知られている契約が締結した。この条約の影響で、聖公会における選挙の自由などが保証されることとなった。

第1ラテラン公会議[編集]

ヴォルムス条約が締結して以来、カリストゥス2世は1123年3月18日に第1ラテラン公会議に出席した。その会議では、ヴォルムス条約が徹底的に厳粛され、そして、いくつかの懲戒令が可決された。それは、聖職売買などについての取り締まりに関するものだった。

晩年[編集]

その後、彼はサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の再建築の作業に協力した。1124年12月13日、彼は亡くなった。

出典[編集]

  1. ^ John W. O'Malley, A History of the Popes: From Peter to the Present, (Rowman & Littlefield Publishers, 2010), 116ページ.
  2. ^ Mary Stroll, Calixtus II (1119-1124): a pope born to rule (Brill, 2004)
  3. ^ a b MacCaffrey, James. "Pope Callistus II." The Catholic Encyclopedia. Vol. 3. New York: Robert Appleton Company, 1908. 1 Aug. 2014
  4. ^ Stroll, Calixtus II (1119-1124): a pope born to rule (2004)
  5. ^ Thurston, Herbert. "History of Toleration", The Catholic Encyclopedia, Vol. 14. New York: Robert Appleton Company, 1912, Accessed 12 July 2013
  6. ^ Deutsch, Gotthard; Jacobs, Joseph. "Popes, The". The Jewish Encyclopedia, KTAV Publishing, New York, 1906, Accessed 12 July 2013.
  7. ^ Simonsohn, Shlomo (1988). The Apostolic See and the Jews, Documents: 492-1404. Pontifical Institute of Mediaeval Studies, pp. 68, 143, 211, 242, 245-246, 249, 254, 260, 265, 396, 430, 507.

関連項目[編集]