シリコンバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シリコンバレー
サンノゼ・ダウンタウン

シリコンバレー (Silicon Valley) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置しているサンタクララバレーおよびその周辺地域の名称。特定の一箇所を公的に指す地名ではなく、ある程度広い地域一帯の通称として使用される。

名称は、多数の半導体メーカー(半導体の主原料はケイ素: Silicon)が集まっていたこと、および地形(渓谷: Valley)に由来する。この地域からはアップルインテルナショナル・セミコンダクターGoogleFacebookYahooアドビシステムズシスコシステムズなどに代表されるソフトウェアインターネット関連企業が多数生まれ、IT企業の一大拠点となっている。

概要[編集]

具体的には、北はサンマテオ周辺からサンノゼまでの複数の市を指す。シリコンバレーの中心は、サンノゼマウンテンビューサニーベールサンタクララクパティーノなどさまざまな都市である。

元々メンローパークにあるスタンフォード大学出の技術者がヒューレット・パッカードなどのエレクトロニクス、コンピュータ企業を設立し、この大学の敷地をスタンフォード・インダストリアル・パークとしてこうした新技術の会社を誘致したのが始まりともいわれている[1]。また、トランジスタの発明者の一人であるウィリアム・ショックレーがこの地に「ショックレー半導体研究所」を設立し、そこから分化したフェアチャイルドセミコンダクターや、更にそこからインテルをはじめとする多くの半導体企業が生まれたことにちなみシリコンバレーと呼ばれるようになった[2]

歴史[編集]

第二次世界大戦前には現在の繁栄からは想像することが困難なくらい目ぼしい産業は現在のシリコンバレーの地域には存在しなかった。第二次世界大戦中スタンフォード大学を中心として軍需関連の産業が勃興した。中心的な役割を果たしたのはリットンインダストリーズやアンペックスヴァリアン・アソシエイツヒューレットパッカードでシリコンバレーの黎明期に地域の人材の受け皿になった[3][4]。 その後、半導体産業の発展と共に株式公開が相次ぎ、それらの資金が地域のベンチャー企業に再投資され、正のフィードバックにより好循環が生まれ発展を続ける。

著名な企業[編集]

先端技術企業の多くはシリコンバレー内に本拠を置いている。以下はFortune 1000にリストされている企業である:

アドビシステムズ
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD)
アップルコンピュータ
eBay
Google
インテルの本社、ロバート・ノイスビル
Intuit
オラクル
Yahoo!

上記に加えてシリコンバレー内に本拠を置く著名な企業は(一部現存しない):

大学[編集]

正確には以下の大学はシリコンバレーに位置していないが、近隣の研究機関としてこの地に貢献している:

シリコンバレー日系団体・組織[編集]

  • ジェトロ Business Innovation Center (BIC)
  • Silicon Valley Japanese Entrepreneur Network (SVJEN)
  • Silicon Valley Multimedia Forum (SVMF)
  • Japanese Technology Professional Association (JTPA)
  • Japan Bio Community
  • Keizai Society

その他の最先端工業地域[編集]

世界のシリコンバレー[編集]

世界的にその名がしられているため、世界各国でIT産業の突出した集積地に「○○のシリコンバレー」の異名が付けられている。

日本のシリコンバレー[編集]

日本にはシリコンバレーに当たる確定した地区はないものの、IT企業が特に集積する地区が幾つかある。ニュアンスは違うが、三大電気街をシリコンバレーと呼ぶ向きもある。

尚、1980年代には東北地方の東北自動車道沿線をシリコンロード、熊本県を中心とする九州をシリコンアイランドと呼んでいたことがあり、IC製造など電子機器産業が発達した。しかし、後にNICS(後のNIES)諸国の台頭により、企業が相次いで工場閉鎖、それに伴う衰退により、今日この呼称が用いられることは極めて稀である。

脚注[編集]

  1. ^ (PDF) アメリカ西海岸における新興企業投資組織の形成, http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-18801536-0902.pdf 
  2. ^ (PDF) 地域の優位性とは何か:シリコンバレーとルート128の文化と競争, http://cruel.org/books/route128/route128.pdf 
  3. ^ 脇 英世 『シリコンバレースティーブ・ジョブズの揺りかご』 東京電機大学出版局、2013年10月、第3章。ISBN 9784501552107
  4. ^ 磯辺 剛彦 『シリコンバレー創世記地域産業と大学の共進化』 白桃書房、2000年1月16日、第4章。ISBN 9784561510444

参考資料[編集]

  • 枝川公一「シリコン・ヴァレー物語」(中央公論新社・中公新書、1999)
  • 東一眞「シリコンバレーの作り方」(中央公論新社・中公新書ラクレ、2001)
  • アナリー・サクセニアン『現代の二都物語 なぜシリコンバレーは復活し、ボストン・ルート128は沈んだか』(講談社 1995)

関連項目[編集]