ルイ・ヴィトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイ・ヴィトン
Louis Vuitton Malletier
Louis Vuitton Logo.svg
Louis-Vuitton-Paris.jpg
パリのルイ・ヴィトン本店
シャンゼリゼ大通り
種類 Société Anonyme
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリ8区 モンテーニュ大通り22番地
設立 1854年
業種 奢侈品
売上高 €25億(2010年)
外部リンク http://www.louisvuitton.com
テンプレートを表示

ルイ・ヴィトン: Louis Vuitton Malletier)は、フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイ・ヴィトンLouis Vuitton[1][2]1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したファッションブランドLVMH(モエ・ヘネシー・モギビッシュルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドである。LVMHの2008年の売上高は239兆ドル。

服飾部門における2014年現在のデザイナーはニコラ・ジェスキエール。またメンズコレクションについてはキム・ジョーンズがチーフディレクター。LVJが誕生した。

歴史[編集]

黎明期(1854年 - 1892年)[編集]

ルイ・ヴィトンが評価されるようになったのは、創始者であるルイが亡くなった後のことである。ヴィトン社はまず「グリ・トリアノン・キャンバス」(Gris Trianon) というトランク工場として創始された。このトランクは灰色のキャンバス地で覆われており、とても軽量なものであった。1854年、ルイはエミリー (Emilie Clemence Pariaux) と結婚、同年、世界初となる旅行用鞄の専門店をパリに創業。3年後の1857年には息子のジョルジュ (Georges Vuitton) が生まれた。

1859年アニエール=シュル=セーヌに最初のアトリエを構える。

1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時世界的に力を持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランクの注文を受けるなど、主にスラブラテン系王侯族に重用された。

トランクの上から布地を貼るというルイの技法は賢明であったが、容易にコピー商品が出回ることとなり、1872年、ルイは別の布地を使うようになった。この布地は、「Striped Canvas」として知られているベージュと赤の2色で色づけされた布地である。しかし、これもすぐにコピー商品が出回ることとなった。

だが、コピー商品に押されることなく、彼のビジネスは成功を収めた。また、私生活の方も衰えることはなく、1880年には息子のジョルジュがジョゼフィーヌ・パトレイユ (Josephine Patrelle) と結婚。入籍当日に、彼は息子にスクリーブ通りの店を任せた。その3年後、ジョルジュにも息子ガストンが生まれ、ルイは祖父となった。

1885年、ヴィトン社はロンドンに進出。1888年、ジョルジュが模倣品防止のため、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。1889年パリ万国博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞をもたらした。しかし、商標登録もされていたにもかかわらず、またコピー商品が出回ることとなった。現在は白と灰色の「ダミエアズール・ライン」、黒を基調とした「ダミエグラフィット・ライン」もある。

1890年、5枚羽の錠前を開発。

1892年、ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始、トランクやハンドバッグなどが掲載された最初のカタログもリリースされた。その年の2月27日、ルイは自宅で息を引き取り、ジョルジュが会社の全権を握ることとなった。

黄金期(1893年 - 1936年)[編集]

モノグラム

父ルイの死後、ジョルジュはルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。ジョルジュは、1893年シカゴ万国博覧会に出展するなど、会社をうまく運営し続けると共に、著書『Le Voyage』(フランス語で旅の意)を出版した。

1896年、ダミエの模倣品が出回ってきたことから、ヴィトン社はそのトレードマークとなる布地を新たに発表した。モノグラム・ラインと呼ばれることになるその模様は、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれている。モノグラムは、万国博覧会で目にした日本の家紋に触発されている[3]。ジョルジュはその後アメリカへ渡航、ニューヨークシカゴフィラデルフィアなど様々な街を旅行し、その訪問中にもヴィトン製品を売って歩いた。1898年にはパリ・オートショーにヴィトン製品を出展した。

1900年、ジョルジュはパリ万国博覧会の「旅行アイテムおよび革製品」の部門を担当するという栄誉を得た。1901年、ヴィトン社は、トランクの中に入れることのできる小さなカバン「スティーマーバッグ」を発表した。

3年後の1904年、ジョルジュはセントルイス万国博覧会において議長を務めた。同年、ヴィトン社は新商品として、香水や衣類などの商品を小分けにできる仕切りの付いたトランクを発表した。

1914年、パリのシャンゼリゼに世界最大のトラベル・グッズ専門店をオープン。

ビジネス拡大(1937年以降)[編集]

香港
神戸メゾン(神戸旧居留地
1970年代
  • 1978年
    • 3月、東京に3店(日本橋高島屋、サンローゼ赤坂店、西武渋谷店)大阪に2店(西武ピサ大阪ロイヤル店、アンロワイヤル阪急17番街店)の5店舗がオープン。
    • 9月には高島屋大阪店にオープン。
1980~90年代
2000年代以降
  • 2001年 - 時計の展開をスタート。最新商品はジュネーブ、バーゼルなどの見本市で発表される。
  • 2003年 - 日本人デザイナー村上隆とのコラボレーションにより、黒地あるいは白地にモノグラムをカラフルに配した「モノグラム・マルチカラー」を発表。このときに発表された商品の中には、モノグラム模様の中にスマイリーマークが描かれた桜の花を配した商品「モノグラム・チェリーブラッサム」や、大きな革製のリボンがついた商品なども発表された。同時に、村上隆のキャラクターであるパンダをモノグラムの上に描いたシリーズ「モノグラム・パンダ」も発売された。翌2004年にも村上とのコラボレーションによる「モノグラム・チェリー」ラインが発表された。これは、前年のサクラシリーズよりは少し落ち着いているものの、モノグラム地の上に、サクランボのイラストを載せるというデザインであった。
  • 2005年
    • 秋冬コレクションとしてキャンバス地のカジュアルなシリーズ「アンティグア」が発表された。ナチュラルな生成と真っ赤なキャンバス地が素材である。
    • 野球用バッグ「サック・ベースボール」が少量発売され、同商品が翌春、ルイ・ヴィトン・ジャパンより北海道日本ハムファイターズに当時所属のSHINJO(新庄剛志)選手へ提供された。[4]
  • 2006年
    • 春夏コレクションとして、モノグラム地にパンチングを施し、穴を開けた素材の「モノグラム・ペルフォ」、デニム素材の「モノグラム・デニム」が発売された。
    • 電通との広告契約を終了し、新たにADKマインドシェアと契約。これ以降グループと同社との関係が継続している。
  • 2007年
    • 秋冬コレクションとして、カラフルなモノグラムマルチカラーをファーの上にプリントした「モノグラム・ミンク」とメタリックな素材の「モノグラム・ミラー」を発売。
    • 2月にはバレンタインラインとして、ハート型の小銭入れ「ポルトモネ・クール」、春コレクションは、モノグラムにフレンチレースを刺繍した「モノグラム・レース」、「デニム・パッチワーク」、「ポルカドット」など少数生産、多数コレクションへになりつつある。一方、7月にはアメリカスカップへのスポンサー契約打ち切りを発表した。
  • 2014年 - 春夏コレクションを最後にマーク・ジェイコブスがクリエイティブディレクターを退任。次の秋冬コレクションから後任のニコラ・ジェスキエールが指揮を執る。

素材の生地の変化[編集]

当初、水に浮くトランクが評判になり高名となったが、21世紀初頭、顧客からの要望の多かった鞄の軽量化を名目に生地の製法を変更し、現在製造するトランクは浮かなくなっている。直系の子孫(2009年現在は5代目のパトリック・ルイ。現在でも1パーセントの株を保有する)が責任者を務めるオーダー部門では昔ながらの浮く重い素材で鞄をオーダーすることができる。

主なラインナップ[編集]

HK CH LV Landmark 60421 1.jpg
HK CH LV Landmark 60421 2.jpg
  • モノグラム
  • モノグラム・ミニ(廃番)
  • モノグラム・ミニ・マルチカラー(廃番)
  • モノグラム・ヴェルニ
  • モノグラム・マット(廃番)
  • モノグラム・マルチカラー
  • モノグラム・デニム(廃番)
  • モノグラム・アンプラント
  • モノグラム・グラセ(廃番)
  • モノグラム・ミニ・ラン(廃番)
  • モノグラム・イディール
  • モノグラム・マカサー
  • ダミエ
  • ダミエ・アズール
  • ダミエ・グラフィット
  • ダミエ・ウェストミンスター
  • ダミエ・ジェアン
  • エピ
  • タイガ
  • スハリ
  • マヒナ
  • ノマド
  • ユタ
  • アンティグア(廃番)
  • 2006春夏コレクション
    • モノグラム・チャーム
    • モノグラム・ペルフォ
    • トバゴレザー
    • クルーズコレクション

店舗[編集]

  • ルイ・ヴィトン メゾン - 文化的要素を含んだ旗艦店のことで、フルラインの製品を揃える。全店中最大のパリ・シャンゼリゼ店をはじめ、世界に15店舗(2013年1月時点)ある。その9番目となる日本初のメゾンは神戸・旧居留地に2010年2月オープンした。

ルイ・ヴィトン美術作品撤去事件[編集]

神戸市立神戸ファッション美術館に展示された現代美術作品がルイ・ヴィトン社からのクレームによって撤去された2010年春の事件[5]。同美術館の企画展「ファッション奇譚 服飾に属する危険な小選集」に現代美術家・岡本光博のインスタレーション作品「バッタもん」(シャネルグッチなど有名ブランドの柄の生地で製作した9体のバッタ型オブジェのシリーズ)を展示したところ、ルイ・ヴィトンから「この“自称アーティスト”によるオブジェの展示は、偽ブランド品を肯定する反社会的行為である」といった抗議と作品の撤去及びウェブサイトからの削除を要請する文書が届いた。企画者側はブランドからの抗議が万一あった場合に備えて、抗議をしてきたブランドの生地に順次覆いをかけて抗議があったことを示すという準備を事前にしていたが、抗議の翌日、市の職員により他ブランドも含む全作品を撤去、同作品が掲載されていたカタログ、ポスターも廃棄され、商標権表現の自由を巡る議論を呼んだ。[6][7][8]。同作品は同年秋に復活展示された[9]。同様に2007年には宮城県美術館でのグループ展「アートみやぎ2007」に出展した現代美術家・タノタイガの木彫シリーズ「モノグラムライン」がルイ・ヴィトンから法的措置の可能性を示唆されたことから、LVマークにシールを貼っての展示となった[5][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランス語発音: [lwi vɥitɔ̃]
  2. ^ 英語発音: [ˈluːiː vwiːˈtɒn]
  3. ^ Jean-Noël Kapferer, Vincent Bastien, The Luxury Strategy: Break the Rules of Marketing to Build Luxury Brands, Kogan Page, 2009, ISBN 978-0749454777, p.84
  4. ^ ルイ・ヴィトン社から今季「用具提供」新庄カウントダウン プロ野球 : nikkansports.com、2015年9月1日閲覧。
  5. ^ a b 福住廉「民間企業による新たな検閲:ルイ・ヴィトンが引き起こした作品撤去事件」『あいだ』173号(2010年6月20日)、p9-18
  6. ^ Louis Vuitton’s Discriminating Support for Contemporary ArtArtAsiaPacific, Sep/Oct 2010
  7. ^ 美術表現に関わる近時の国内規制事例10選(1994-2013)D企業の抗議および企業への配慮 【事例7】「バッタもん」展示中撤去(2010.5)東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス実行委員会(HAPS)
  8. ^ コピー問題と表現の自由 ファッション美術館での作品撤去朝日新聞社メディアビジネス局、2010年07月07日
  9. ^ ヴィトン社抗議で撤去 「バッタもん」再展示朝日新聞、2010年10月4日1
  10. ^ LV式現代美術・その後都築響一Roadside Diaries, 2010年6月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 大スクープ!? ルイ・ヴィトンを初めて買った日本人が判明 Byron
  2. ^ ヴィトン:現存かばん 日本初購入者は板垣退助 毎日新聞