パリ万国博覧会 (1900年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パリ万国博覧会 > パリ万国博覧会 (1900年)
1900年パリ万博、エッフェル塔がそびえる
1900年パリ万博のパノラマビュー
観覧車「グランド・ルー・ド・パリ」(1920年解体)

1900年のパリ万国博覧会(せんきゅうひゃくねんのパリばんこくはくらんかい, Exposition Universelle de Paris 1900, Expo 1900)は1900年4月14日から11月12日まで、フランスパリで開催された国際博覧会である。

概要[編集]

19世紀最後の年(世紀末)を飾る国際博覧会であるが新世紀の幕開けを祝う意味も込められており、開催期間中には過去最大となるおよそ4800万人が訪れている。また、パリオリンピック(第2回近代オリンピック)に合わせての開催でもあった。1855年以後、パリで開催された国際博覧会では5回目となる。前回のパリ万博に引き続き、くじ付き前売入場券を販売して開催予算1億フランの6割をまかなった(4割はフランス政府とパリ市が折半)。

会場としてグラン・パレプティ・パレが建てられ、ロシア皇帝ニコライ2世の寄付によりセーヌ川両岸を結ぶアレクサンドル3世橋が架けられた。また、当時世界最大となる高さ100メートルの観覧車グランド・ルー・ド・パリ」が今回の博覧会に合わせて一般公開となり注目を集めている。さらに、動く歩道1889年第4回パリ万博に合わせて建設されたエッフェル塔エスカレーターが設置されて話題となった[1]。ちなみに、アメリカの発明家チャールズ・シーバーガーがオーチス・エレベータ・カンパニーと組み、「escalator」の商標で出展して1等賞を獲得、それを機にエスカレーターの普及が始まったといわれている[2][3]

一方、装飾美術ではサミュエル・ビングが出展したパビリオン)が一躍注目を集めたことで、店名であった「アール・ヌーヴォー」は今回の万博を象徴する表現となり、さらにはこの時代を象徴するフランスの装飾美術様式そのものを指す名称ともなっている[1][4]。また、1895年にパリのグラン・カフェ地下で世界初の映画館をオープンしたリュミエール兄弟は、今回の万博でもシネマトグラフによる映画の上映を行い、訪れた人々を魅了している[1]

会場の一つであるグラン・パレでは、今回の万博の企画展として『フランス美術100年展』が開催され、新古典主義から印象派までの19世紀のフランス美術を代表する約3000点の作品(絵画彫刻など)が展示された。 今回の万博のテーマは「過去を振り返り20世紀を展望する」ことであり、それに合わせた展示物も数多く出品されている[1][5][6]

この万博会場を訪問した日本人のひとりが夏目漱石で、ロンドンへ留学の途上に立ち寄った[要出典]。またおりから海外公演中だった川上音二郎貞奴夫妻は、この万博にも来演し大人気となった。万博を訪れたアメリカの旅行作家バートン・ホームズは、フランスの演劇批評家らがこぞって川上一座を称賛していること、ある高名な演劇評論家は「サラ・ベルナールがフランスの女優で、エレオノーラ・ドゥーゼがイタリアの女優なら、貞奴は世界の女優だ」とまで評したと伝え、その他の催し物がつまらなく見えてしまうほど日本の役者たちは1900年の万博で成功した、と書き綴っている[7]。また商業パビリオンに芸者を出展したところ、一目惚れした青年がプロポーズを申し出たエピソードや、着物を譲って欲しいと願い出た女性の存在の記録もあるという[要出典]

日本との関わり[編集]

トロカデロ地区は欧米植民地のパビリオン出展に割り当てられ、日本は当時、アジアにおける数少ない独立国であったにもかかわらず、パビリオンはこの「フランス領以外の植民地エリア」に組み込まれている[8][9]

日本政府は出展作品を公募し鑑査会で委員が採点する方式で選ぼうとするが、当初の規定で15点以上とした平均獲得点数は審査の過程で見直され、平均10点以上に緩めている[10]。前年の秋に白馬会展覧会で合格作品を披露した[11][12][13]。その作品を以下にあげる[14]

日本館の設計は伊藤平左衛門が手がけて法隆寺金堂を模し[15]御物を含む古美術品を出展した[9]

建築[編集]

日本館[15]に加え、政府の出展したティーハウスでは日本のビールほか販売を行った。この茶店を評して、1892年に日本を旅行したことのあるバートン・ホームズの手記に「日本人は世界で最も趣味のよい国民なのに、その茶店の建物も売っているものも百貨店で売られているようなガラクタの類だ」と記した[16]

建築関連[編集]

ティーハウス(1点)[10]
関保之助「藤原式室内装飾図」[14] (東京美術学校生徒作品)
島田佳矣「徳川式室内装飾図」[14] (同上)
河辺正夫「西洋建築図案」[14] (同上)

絵画作品[編集]

絵画[編集]

日本画(55点)[10]

西洋画(30点)[10]

版画(2点)[10]

  • 合田清一日清戦争図2点

水彩画 (5点)[14]

  • 三宅克巳一初秋の景色、水に映ずる森、米国田舎の秋、信州小諸附近の景、千曲川初春

彫刻[編集]

木彫(11点)[10]

金属彫(7点)[10]

  • 大塚秀之丞一拾ひ子 
  • 海野美盛一婦人馬乗、傀儡師 
  • 沼田一雅一新■三郎 
  • 根岸昌雲一老婆童子 
  • 疋田雪洲一猿曳 
  • 森鳳声一農夫

工芸品[編集]

牙彫(5点)[10]

  • 石川光明一藤原通成 
  • 望月光堂一婦人納涼 
  • 平坂芳久一雨中小児 
  • 石川光明一鷹 狩 
  • 宇田川捨次郎一老人子供

その他

  • 美術学校生徒作出品[14]
  • 秋衣孤影 山崎勇馬 
  • 兵車行図 結城貞松
  • 菅公左遷図 溝口禎二郎 
  • 秋渓山水 大森新之助
  • 春野雉子 森田豊次郎
  • 高倉帝厳島行幸 木村信太郎
  • 春遊 渡辺啓三

受賞[編集]

メダーユドール深川製磁「フカガワポースレイン」(陶磁器金賞:北村新次。北村醤油酒造場[注釈 1]醤油

銅賞:服部孫兵衛。染色工芸品の有松絞り

優等金牌大橋翠石日本画『猛虎の図』。

金牌:伊藤平左衛門。設計図、貴族邸宅。
銀牌:黒田清輝。油絵『湖辺』

商業パビリオン[編集]

エキゾチックな建物が集められた〈世界旅行〉パビリオン

正式な各国館とは別に、エッフェル塔近くに企業などが出展する商業地区が設けられる。その中に「Tour du Monde(世界旅行)」という名の商業パビリオンがあり、外周に並べ立てたエキゾチックな建物には、タイやインド、アレクサンドル・マルセル設計の日本風の五重塔や門が建った[22]。これは19世紀末に欧州で大人気となったジュール・ヴェルヌの小説『八十日間世界一周』を小さく象ったアトラクションで、館内をぐるりと見て歩くと、わずか1時間で世界一周ができるという趣向だった。内装のパノラマ画を画家ルイ・デュムーランが手がけ、各国の風景をジオラマで再現、現地人も連れてきて展示に加えてあった[23]

展示は多分に西洋人の植民地に対するロマンチックな幻想で歪められたものだったが[23]、旅行作家のホームズは「この塔や門には日本で彫られた本物の彫刻がほどこされており、(万博内の)日本の建築物で唯一見る価値があるものだ」と評し[24]、再現された「茶店は繊細な造りで着物姿の芸者もおり、室内や庭や人々もまさに日本という雰囲気で、日本好きも満足する出来だ」と評価し[25]、事実、このパビリオンは万博で一番の人気を博する[23]。閉幕後、五重塔の設計図はレオポルド2世 (ベルギー王)の手に渡り、ブリュッセルの極東博物館に使われている。

参考文献[編集]

出版年順

植野健造氏作成「白馬会関係新聞記事一覧」より。
  • 毎日新聞の発表。巴里博覧会出品の美術作品」『毎日新聞』東京文化財研究所 (転載)、1899年9月6日、1 (雑報)。2019年7月9日閲覧。 東文研アーカイブデータベース
  • 国民新聞の発表。巴里博覧会出品(監査合格の続)」『国民新聞』東京文化財研究所 (転載)、1899年10月29日(明治32年)、5 (雑報)。2019年7月9日閲覧。 東文研アーカイブデータベース
  • 植野健造「資料編:巴里博覧会出品の美術作品」『日本近代洋画の成立白馬会』中央公論美術出版、2005年10月。ISBN 4-8055-0496-X全国書誌番号:20927240

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北村醤油酒造場製造は、享保2年に当時の勢和村(現・多気郡)で創業。今日、ソイソースという名で欧米のスーパーマーケットで売られ、すっかり馴染んだ醤油だが、このパリ万国博覧会出品は海外に売り込んだ草分けであったか。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d パリ万国博覧会と19世紀の終わり(20世紀ポップカルチャー史)
  2. ^ 商品ネーミング 事例:エスカレーター(商品ネーミングの普通名称化)
  3. ^ ジェシー・リノ Jesse Reno の海底クローラ(蛇乃目伍長)
  4. ^ 19世紀を総まとめ 1900年パリ万国博覧会 Exposition Universelle( クリストモミのミュゼのあるくらし)
  5. ^ 1900年第5回パリ万博 19世紀最大の万博(国立国会図書館:博覧会 近代技術の展示場)
  6. ^ 20世紀の幕開けを告げるパリ万博ポスター(公益財団法人福岡市文化芸術振興財団)
  7. ^ Holmes 1901, p. 249.
  8. ^ Bournazel, Philippe (2011年1月31日). “SECTEUR 7: LE PARC DU TROCADERO” (フランス語). L'EXPOSITION UNIVERSELLE DE PARIS 1900. オリジナルの2015-01-09時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150109081144/http://exposition-universelle-paris-1900.com/SECTEUR_7. 
  9. ^ a b 三島雅博; 神戸大学 (1993年3月31日). “明治期の万国博覧会日本館に関する研究〔博士論文 (工学)〕”. 国立国会図書館デジタルコレクション. doi:10.11501/3092500. 2019年7月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h 植野健造氏作成「白馬会関係新聞記事一覧」(データベース作成:東京文化財研究所)による。巴里博覧会出品の美術作品 (1899(明治32)9月日6日「毎日新聞」掲載”. 東文研アーカイブデータベース (転載). 東京文化財研究所. 2019年7月9日閲覧。 “日本画(五十五点)、西洋画(三十点)、版画(二点)、牙彫(五点)、木彫(十一点)、金属彫(七点)、建築(一点)”
  11. ^ 雪丸夏雄 (1899年11月12日(明治32年)). “白馬会展覧会(一): 読売新聞第3面「展評」”. 東文研アーカイブデータベース. 2019年7月10日閲覧。
  12. ^ a b 国民新聞: “白馬会展覧会(二):展評(6面)”. 東文研アーカイブデータベース. 国立文化財機構 (1899年(明治32)11月1日). 2019年7月13日閲覧。
  13. ^ 国民新聞: “白馬会展覧会(三): 展評”. 東文研アーカイブデータベース. 国立文化財機構 (1899年(明治32)11月2日). 2019年7月13日閲覧。
  14. ^ a b c d e f “巴里博覧会出品(監査合格の続)”. 国民新聞: p. 5 (雑報). (1899年10月29日(明治32年)). https://www.tobunken.go.jp/materials/hakuba/201718.html 「水彩画の部と美術学校生徒作出品の部」の合格者を掲載。「藤原式室内装飾図」(関保之助)、「徳川式室内装飾図」(島田佳矣)と「西洋建築図 案」という記述がある。
  15. ^ a b 植野健造 2005.
  16. ^ Holmes 1901, p. 257.
  17. ^ 日本画家:跡見玉枝:没年月日:1943/08/07”. 東文研アーカイブデータベース. 2019年7月10日閲覧。
  18. ^ 日本画家:伊東紅雲:没年月日:1939/04/02”. 東文研アーカイブデータベース. 2019年7月10日閲覧。
  19. ^ 小代為重 :”. 東文研アーカイブデータベース. 国立文化財機構. 2019年7月10日閲覧。
  20. ^ 2-D:庄野宗之助:日本書画名覧”. 東文研アーカイブデータベース. 2019年7月10日閲覧。
  21. ^ 国民新聞: “白馬会展覧会(一):展評(6面)”. 東文研アーカイブデータベース. 国立文化財機構 (1899年(明治32)10月30日). 2019年7月13日閲覧。
  22. ^ Bournazel, Philippe (2013年7月25日). “PANORAMA DU TOUR DU MONDE” (フランス語). L'EXPOSITION UNIVERSELLE DE PARIS 1900. オリジナルの2015-01-09時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150109143044/http://exposition-universelle-paris-1900.com/PANORAMA_DU_TOUR_DU_MONDE. 
  23. ^ a b c Benjamin 2003, p. 114.
  24. ^ Holmes 1901, p. 299.
  25. ^ Holmes 1901, p. 303.

関連文献[編集]

  • 『甦るオッペケペー : 1900年パリ万博の川上一座』川上音二郎一座 [演] (CD)、東芝EMI 1997年。
  • 『ガレ, ドームとヨーロッパコレクション : アール・ヌーヴォーの華』[そごう]、2000年。
  • 『千九百年巴里万国博覧会臨時博覧会事務局報告 : 明治33年開催・1900年パリ万博報告書』農商務省(編纂)、 東京 : フジミ書房、2000年。 1902年(明治35)年の復刻。
  • 井上さつき『音楽を展示する : パリ万博1855-1900』法政大学出版局、2009年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]