藤井清孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井清孝(ふじい きよたか、1957年2月10日 - )は日本の実業家。コニカミノルタ株式会社専務執行役。コニカミノルタ・プレシジョン・メディシン会長兼CEO、アンブリー・ジェネティクス会長、インビクロ会長。コニカミノルタのヘルスケア事業統括と同時に、2007年に1000億円以上で米国にて買収した遺伝子診断、医療画像診断企業の会長職を務める。

略歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。灘高等学校卒業、1981年昭和56年)に東京大学法学部を卒業した後、マッキンゼー・アンド・カンパニー東京事務所に入社[1]。東大から新卒でマッキンゼー入社の第1号。

1986年ハーバード大学経営学修士号取得後、ニューヨークの投資銀行ファーストボストンでM&Aに従事、ルパート・マードックによるメディア企業買収、三菱地所によるロックフェラーセンター買収、フォーシーズンズ・ホテルによるリージェントホテル買収、サントリーによる英国企業との合弁設立、EMIによるフジサンケイグループからヴァージン・レコードの買収など、数々の国際的大型M&A案件に携わる。帰国後、ブーズ・アレン・ハミルトン取締役副社長を経て、40歳で半導体設計ソフトウェア、ケイデンス・デザイン・システムズ代表取締役社長(1997年 - )就任。SAPジャパン代表取締役社長(2000年1月11日 - 2005年7月31日)在任中に売り上げを3倍に伸長し、日本大企業の7割近くが基幹業務にSAPのシステム導入実績を達成。クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン代表取締役社長。LVMHの総帥であるベルナール・アルノーに請われてLVMHパリ本社に入社後、ルイ・ヴィトンジャパンカンパニープレジデント&CEO(2006年5月 - 2007年4月)に就任、退任後はLVMH本社アドバイザーに就任。


電気自動車インフラサービスのベタープレイス・ジャパン代表取締役社長兼アジアパシフィック代表(2008年 - 2012年)、オリンパス株式会社 社外取締役、ヘイロー・ネットワーク・ジャパン株式会社代表取締役社長、ザ・リアルリアル株式会社代表取締役社長を経て、2016年よりコニカミノルタのヘルスケア事業本部長兼専務執行役[2]

英、仏語に堪能。キッシンジャー氏との会談で、「日本人で一番説得力のある英語を話す。」と評された。2014-2015年に六本木アカデミーヒルズで、ハーバード・ビジネス・スクールのケーススタディを英語で教える講座を開催。2013-2014年に九州大学客員教授として同大学で国際経営講座を担当。

アメリカマサチューセッツ州の出身の前妻、ジャーナリストで日本外国特派員協会の元会長のルーシー・バーミンガムとの間に、The SALOVERSの元ギタリスト藤井清也、ハリウッドで女優藤井仁奈、タレントの藤井サチら3人の子。料理研究家の中村奈津子と再婚。

著書[編集]

  • 『グローバル・マインド』 ダイヤモンド社、2009年1月、ISBN 978-4478007655
  • 『グローバル・イノベーション』 朝日新聞出版、2010年6月、ISBN 978-4023308077

脚注[編集]

  1. ^ “OB経営者が語る 開成、灘、渋幕の真のすごさ”. 日経ビジネス電子版 (日経BP). (2018年3月22日). https://business.nikkei.com/atcl/report/16/031600212/032000010/ 2021年4月27日閲覧。 
  2. ^ 役員一覧”. コニカミノルタ. 2021年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]