都築響一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

都築響一(つづききょういち、1956年-)は日本写真家編集者東京都出身。

経歴[ソースを編集]

麹町小学校麹町中学校卒業。小・中ではジャーナリスト保坂展人と同級であった。高校卒業後、上智大学へ進み、在学中から現代美術デザイン分野でライター活動を開始、『POPEYE』の創刊にも携わった[1]。卒業後はフリーランスの編集者として『POPEYE』『BRUTUS』(マガジンハウス)などで活躍する。その後、それまであまり被写体にされなかった東京の生活感あふれる居住空間を撮り『TOKYO STYLE』(京都書院、後に筑摩書房刊)としてまとめ、写真家として活動を始める。

日本各地に散在する秘宝館や村おこし施設など悪趣味な珍スポットを追う写真ルポルタージュ『珍日本紀行』が雑誌SPA!に掲載され、写真集『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(筑摩書房)としてまとめられ、第23回木村伊兵衛写真賞受賞。

写真家としての活動を続ける一方、『TOKYO STYLE』同様、無名の人たちが作ったデザイン(暴走族デコトララブホテルなど)を集めた「STREET DESIGN FILE」シリーズ(アスペクト刊)や、死刑囚辞世の句寝たきり老人の独語、暴走族の特攻服のように詩と呼ばれなかったものなど)を集めた『夜露死苦現代詩』(新潮社)を出版するなど編集者としての活動も続けている。

また、2001年には『珍日本紀行』で撮影しその後閉館した秘宝館鳥羽国際秘宝館・SF未来館の展示物を現代美術国際展横浜トリエンナーレで展示した。

2007年、日本全国のパワフルな、そして一風変わった老人達を集めた『巡礼~珍日本超老伝~』(双葉社)を刊行。

これらの活動を見て分かるように、それまで光が当てられることのなかった無名の人々の生活を通して、現代の日本社会を描いている。

2012年1月から会員制の有料メルマガ「ROADSIDERS' weekly」をスタート。いままで雑誌では掲載できなかったような取材対象にもスポットをあてた新たな活動を始める。

テレビ出演[ソースを編集]

バラエティ[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

著作[ソースを編集]

写真集[ソースを編集]

「STREET DESIGN FILE」シリーズ[ソースを編集]

(アスペクト刊)

その他[ソースを編集]

バブル景気の痕跡をたどる週刊朝日連載。ジュリアナ東京ボジョレ・ヌーボーアッシーくんゴルフ会員権地上げ1億円ふるさと創生交付金チバリーヒルズボディコン私をスキーに連れてって企業メセナ宮崎シーガイア、「ゴッホのひまわり」、CIブームE電ハウステンボステーマパークホンダ・NSX地方博ブームエンパイアステートビルロックフェラーセンター買収など)
新潮」に連載したヒップホップミュージシャンたちのインタビュー集。取り上げられているミュージシャンは、田我流NORIKIYOZONE THE DARKNESS小林勝行B.I.G.JOEレイトチプルソERA志人RUMIANARCHYTWIGYTOKONA-XILL-BOSSTINOTHA BLUE HERB)。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 【転食活動vol.1】都築響一さん、面白い企画って何ですか? - 企画のヒント | Dentsu PR Digital、2014年1月31日

外部リンク[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]