梅佳代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

梅 佳代(うめ かよ、1981年3月23日 - )は日本写真家石川県鳳至郡柳田村(現在の鳳珠郡能登町)出身。

高校卒業後、日本写真映像専門学校に入学し大阪に住む。同校卒業後は、東京を中心に各地で活動を展開している。「写真新世紀」にて、2000年度に「男子」で、2001年度に「女子中学生」で2度の佳作受賞。2002年に『美術手帖』の写真表現特集で、注目の写真家として取り上げられる。2007年、写真集『うめめ』で第32回木村伊兵衛写真賞を受賞。

大阪の男子小学生を撮影した「男子」、実家の祖父を撮影した「じいちゃんさま」など、身近な人物たちを被写体に、日常風景を昭和スナップ写真風に切り取った作品を発表する[1]。東京をはじめ、パリロンドンタイで展覧会を開催。

愛用のカメラはキヤノン EOS 5。基本的に標準レンズ、プログラムモードのみで撮影する。

人物[編集]

  • 会議通訳者にも同姓同名、字も全く同じの「梅佳代」がおり、互いに会ったことがあるという。[2]
  • 高校の進路相談で「イチローと結婚したい」と真顔で話した。本人曰く「イチローに近づくためには、スポーツキャスターかスポーツ担当のカメラマンにならなければ」と思い、写真の専門学校に進学した。[3]
  • サイン会に足を運ぶほどネイチャージモン(寺門ジモン)のファンで、『ヴォーグ・ニッポン』2008年1月号では、「2007年一番好きな本・映画」に『世界偉人伝 ネイチャージモン』(白夜書房刊)を挙げている。
  • の大ファンである。NHKスタジオパークからこんにちはに出演の際(2010年9月1日放送)、大野智からのメッセージに大興奮した。[4]

経歴[編集]

1999年
2000年
2002年
2003年
  • 写真展「うめかよ展」を東京で開催。
2004年
  • 写真展「うれしい連続」を開催(6月7日 - 18日、会場:アウラクロス
2006年
2007年
2008年
  • 個展「スーパーシャッターチャンス祭り in FUKUOKA」をアルティアムで開催。
  • 個展「じいちゃんさま」を名古屋PARCOで開催。
  • 写真集『じいちゃんさま』(リトルモア刊、ISBN 978-4898152393)を発刊。
  • 1月より北國新聞で連載「うめめ日記」(毎週日曜日)がスタート。
  • NHKトップランナー』で紹介される。
  • NHK『視点・論点』に出演。ユニークな解説をし、さまざまな反響を得る。
2009年
  • 写真展「じいちゃんさま」を開催(7月20日 - 8月16日、会場:金沢アートグミギャラリー)。
2010年
2011年
2013年

[編集]

  1. ^ 日常のなかの一瞬を切り取る――美術館初となる個展「梅佳代展 UMEKAYO」が開催中
  2. ^ 久米宏「ラジオなんですけど」2008年09月13日
  3. ^ うめめ流 限界ない 写真家 梅佳代”. 中日新聞 (2013年6月8日). 2013年9月23日閲覧。
  4. ^ [1]

外部リンク[編集]