どついたるねん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
どついたるねん
監督 阪本順治
脚本 阪本順治
製作 荒戸源次郎
出演者 赤井英和
相楽晴子
麿赤児
原田芳雄
音楽 原一博
撮影 笠松則通
編集 高島健一
配給 ムービーギャング
公開 日本の旗 1989年11月11日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

どついたるねん』は、1987年に出版された赤井英和の自伝をもとに、阪本順治が監督・脚本を務め、赤井本人の主演で映画化したボクシングを題材にした日本映画である。

劇場初公開は1989年11月11日。1989年度の第32回ブルーリボン賞作品賞受賞作品、第63回キネマ旬報ベストテン日本映画部門第2位。

概要[編集]

本作が監督デビュー作の阪本順治と俳優としてはほとんど実績のない赤井英和主演で、公開当初は映画館での上映が出来なかったため、原宿に特設テントを設置して荒戸源次郎事務所作品としての上映であった。予算も無く宣伝などは無かったが口コミで評判が広がり、テント上映は長期間行われた。

赤井は1985年2月5日に行われた大和田正春との試合後、意識不明に陥り急性硬膜下血腫・脳挫傷で開頭手術を行い現役を引退、奇跡的に回復したもののボクシングへの情熱は断ちがたく、危険を承知の上で当時日本ミドル級の現役チャンピオンだった大和武士を相手に身体を張ったボクシングシーンの撮影に挑んだ。

低予算の映画だが、迫力ある試合場面や主演の赤井、脇を固めた相楽、麿、原田のひたむきな演技等が多方面から賞賛され、後にビデオDVD化もされ大成功を収めた。

監督・阪本順治と俳優・赤井英和が飛躍するきっかけとなった作品である。

ストーリー[編集]

試合中にKOされ、再起不能に陥ったボクサーの安達英志は緊急手術の末に奇跡的に回復するが、医師から2度とリングに立てないと宣告される。ボクシングが人生の全てであった安達はジムを開くがリングへの思いは絶ちがたく、自暴自棄の日々を過ごす。元チャンピオンのコーチ、左島との出会いによって復活に賭ける英志は、トレーニングを積みライセンスを再取得。4回戦ボーイとしてリングに向かう。やがてカムバック戦の対戦相手が決まるが、それはかつての後輩、清田だった・・・。

キャスト[編集]

関連図書[編集]

外部リンク[編集]