中野健明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野健明

中野 健明(なかの けんめい / たけあき / たけあきら、1844年11月4日天保15年9月24日) - 1898年5月11日)は、幕末佐賀藩士明治外交官大蔵官僚。幼名・剛太郎。

経歴[編集]

佐賀藩士・中野中太夫の二男として生まれる。維新後に新政府に出仕し、明治2年8月1869年9-10月)、大学校中助教兼中寮長に就任。大学大寮長を経て、同年9月(10-11月)に外務少丞となる。以後、神奈川県大参事司法少判事、外務権大丞、司法権中判事などを歴任。明治4年11月1871年12月)、岩倉使節団に随行し欧米に遣わされた。

1873年8月に帰国し、同年11月、外務一等書記官としてフランス公使館在勤を命ぜられる。1878年7月に帰国。1879年1月、外務権大書記官・公信局副長に就任。公信局長心得を経て、1880年3月、オランダ公使館在勤となり、1882年5月に帰国した。

1882年6月、大蔵省に転じ大蔵大書記官に就任。以後、関税局長、一等主税官・第一部長、関税局長、主税局長などを歴任した。

1890年1月、長崎県知事に就任し、1893年1月、神奈川県知事に転任。1898年5月、現職で死去した。享年55。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1324号、「叙任及辞令」1887年11月26日。
  2. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  3. ^ 『官報』第3491号「叙任及辞令」1895年2月21日。
  4. ^ 参考文献『幕末維新人名事典』699頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『幕末維新人名事典』新人物往来社、1994年。
  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。