内山岩太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内山 岩太郎(うちやま いわたろう、1890年2月28日 - 1971年11月19日)は、日本の外交官政治家実業家神奈川県知事(公選第1・2・3・4・5代)、テレビ神奈川初代社長。日本の国際連合加盟に貢献をした人物として知られる。群馬県前橋市出身。元丸紅ブラジル会社副社長の内山勇は三男。

経歴[編集]

国連加盟をめぐって[編集]

第二次世界大戦後の日本が国際連合への加盟を目指した時、ソ連をはじめとする共産圏諸国以上に大きな障壁として立ちはだかったのが、安全保障理事会非常任理事国フィリピンだった。内山はフィリピンとの交渉の中で、日本軍が破壊したマニラの大寺院の復興を条件にフィリピン側の譲歩を狙った。この戦法があたり、フィリピン側の譲歩につながった。ただし、寺の復興への協力は得られず、内山はひとりでこの事業に従事し、1958年までかかって完成させた。

人物[編集]

主な論文・著書[編集]

  • 「道州制の問題について」都市問題45(1954年)

参考文献[編集]

  • 「光あらたに 内山岩太郎先生追慕の記」
  • 「横浜市史II 資料編3」