岡田三郎助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田三郎助
(おかだ さぶろうすけ)
岡田三郎助(1906).jpg
明治39年
生誕 (1869-01-12) 1869年1月12日
死没 1939年9月23日(1939-09-23)(70歳)
墓地 青山霊園
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 洋画
代表作 「婦人像(某婦人の肖像)」(1907)、「あやめの衣」(1927)、「裸婦」(1935年)

岡田 三郎助(おかだ さぶろうすけ、1869年1月22日明治2年1月12日) - 1939年昭和14年)9月23日)は佐賀県に生まれ、明治~昭和にかけて活躍した洋画家である。女性像を得意とし、日本的な感覚の洋画に秀作を残している。東京美術学校(現・東京藝術大学)教授。第1回文化勲章を受章。 妻・岡田八千代は小説家・劇作家で、小山内薫の妹である。

岡田三郎助と八千代夫人(パリ)

略歴[編集]

主な作品[編集]

『矢調べ』1893年
『あやめの衣』1927年(ポーラ美術館)
『水辺の裸婦』1935年(ひろしま美術館
三越(当時は三越呉服店)のポスターにも使われた。三越重役・高橋義雄夫人をモデルにしたといわれている。
切手に使われている。以下に詳しい。
岡田三郎助「あやめの衣」 」『美と歴史』。
岡田三郎助-絵画作品と所蔵美術館」『FishEyeArt』。
1945年(昭和20年)以降行方が分からず幻の名画と呼ばれていた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2378号、昭和9年12月4日。

外部リンク[編集]