荒川義太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒川義太郎

荒川 義太郎(あらかわ よしたろう、1862年 11月19日文久2年9月28日)- 1927年昭和2年)4月1日)は、日本内務官僚政治家。官選県知事横浜市長貴族院議員錦鶏間祗候

経歴[編集]

荒川利貞の長男として武蔵国豊島郡に生まれる。1884年東京大学法学部を卒業し、内務省に入り御用掛となる。

1886年8月、岡山県書記官に就任。以後、内務省参事官富山県群馬県神奈川県の各書記官、兼臨時横浜築港局次長などを歴任。

1897年11月、鳥取県知事に就任。産業振興、賀露港修築を推進した。1899年5月、三重県知事に転じた。1900年1月、香川県知事となり、同年10月には長崎県知事に転じた。長崎県細菌検査所設置などの伝染病対策、長崎港第二期改良工事を推進し、1910年9月まで在任し退官。同年同月から1913年11月まで横浜市長を務めた。

1910年12月3日、錦鶏間祗候となる[1]。同年12月27日、貴族院勅選議員に任じられ[2]茶話会に属し死去するまで在任。その他、日本大博覧会評議員、神奈川県防疫顧問、臨時大都市制度調査会委員などを務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8237号、明治43年12月5日。
  2. ^ 『官報』第8257号、明治43年12月28日。
  3. ^ 『官報』第1031号「叙任」1886年12月6日。
  4. ^ 『官報』第4651号「叙任及辞令」1899年1月4日。
  5. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  7. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  8. ^ 『官報』第8025号「叙任及辞令」1910年3月28日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。