高橋雄豺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
高橋 雄豺
Yusai Takahashi.jpg
高橋雄豺
生年月日 (1889-11-03) 1889年11月3日
出生地 愛媛県西条市
没年月日 (1979-08-26) 1979年8月26日(満89歳没)
出身校 旧制北予中学校

在任期間 1931年 - 1932年
テンプレートを表示

高橋 雄豺(たかはし ゆうさい、明治22年(1889年11月3日 - 昭和54年(1979年8月26日)は、内務官僚実業家ジャーナリスト香川県知事安部英・元帝京大学副学長の義父

経歴[編集]

愛媛県西条市出身。高橋岩吉の長男として生まれる。明治40年(1907年)3月、北予中学(現松山北高校)卒業。明治42年(1909年)11月、警視庁巡査となる。

1909年12月、神田警察署勤務となり、深川警察署、三ノ橋警察署、本所相生警察署早稲田警察署で勤務。大正4年(1915年)2月、警察官練習所を卒業。同年3月、内務省に転じ、内務属として警保局保安課に配属され、さらに同局図書課に異動。同年10月、文官高等試験行政科試験に首席で合格。

大正5年(1916年)7月、静岡県警視警察部保安課長に就任し、さらに同内務部学課長を務め、大正9年(1920年)8月に休職。大正11年(1922年)まで欧米に留学し、警察制度法を研究した。1922年10月、内務書記官・警保局警務課長に就任。以後、静岡県書記官・内務部長、警視庁書記官・警務部長を歴任。昭和6年(1931年)6月、香川県知事に任ぜられる。同年12月18日に休職し[1]、翌年1月29日、依願免本官となり退官した[2]

昭和8年(1933年)1月、読売新聞社に外報部長として入社。正力松太郎のもとで主筆、副社長を務める。

昭和20年(1945年)12月に読売新聞社副社長を辞任。昭和22年(1947年)2月から昭和26年(1951年)6月まで公職追放となった[3]。昭和30年(1955年)6月に読売新聞社副社長に復帰し、昭和40年(1965年)10月まで在任。その間にはプロ野球東京讀賣巨人軍球団社長[4]日本新聞協会会長なども務めた[5]

昭和45年(1970年)6月、読売新聞社最高顧問に就任した。

昭和33年(1958年)2月、中央大学から法学博士号を授与された。また警察大学校名誉教授にも就いている。

昭和54年(1979年)8月26日に死去。89歳没。

親族[編集]

著書[編集]

  • 『英国警察制度論』松華堂書店、1935年。
  • 『明治警察史研究』第1巻-第4巻、令文社、1960年-1972年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。
  2. ^ 『官報』第1523号、昭和7年1月30日。
  3. ^ 公職追放の該当事項は「読売新聞社主筆論説部長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年624頁。NDLJP:1276156 
  4. ^ 1959年(昭和34年)版『ファン手帳』(ファン手帳社)読売ジャイアンツのページには高橋がオーナーとして掲載されている。
  5. ^ 高橋 雄豺(たかはし ゆうさい) 「えひめの記憶」 - [愛媛県史・人物]愛媛県生涯学習センター

参考文献[編集]

  • 『第十六版人事興信録(下)』1951年、 た64頁。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。