坂田幹太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂田幹太

坂田 幹太(さかた みきた、1879年明治12年)12月13日 - 1958年昭和33年)10月18日)は、日本の内務官僚政治家実業家県知事貴族院議員。旧姓・水谷。

経歴[編集]

山口県出身。水谷良高の長男として生まれ、伯父・坂田昌熾(海軍軍人、衆議院議員)の養子となる。東京府尋常中学校第一高等学校を経て、1903年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。内務省に入り神奈川県属となる。1904年11月、文官高等試験行政科試験に合格。

以後、神奈川県視学官、同事務官第二部長[1]内閣書記官総理大臣秘書官福岡県事務官・港務部長、農商務大臣秘書官、内務省参事官内務大臣秘書官などを歴任。

1916年4月、愛媛県知事に就任。1917年1月、香川県知事に転じた。1919年4月、同知事を休職。同年5月22日、依願免本官となり退官した[2]。同年5月、高松市長となり、1920年5月まで在任。

その後、実業界に転じ、大阪合同紡績取締役、阪神国道自動車社長、川崎重工業監査役、大阪経済会常務理事などを歴任。

1946年6月、貴族院勅選議員に任じられ、同和会に属し、1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した。

栄典・授章・授賞[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6925号、明治39年7月30日。
  2. ^ 『官報』第2039号、大正8年5月23日。
  3. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  4. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
藤本充安
Flag of Takamatsu, Kagawa.svg 高松市長
第6代:1919 - 1920
次代:
佐野久宣