伊沢多喜男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
いざわ たきお
伊沢 多喜男
Takio Izawa 1.jpg
生年月日 1869年12月26日
出生地 長野県
没年月日 1949年8月13日(満79歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学卒業
前職 国家公務員内務省
所属政党 同成会貴族院院内会派
親族 伊沢修二貴族院議員

日本の旗 第10代台湾総督
任期 1924年9月1日 - 1926年7月16日

任期 1940年11月 - 1947年5月2日

任期 1916年10月 - 1941年1月

Flag of Tokyo Prefecture.svg 第10代 東京市長
任期 1926年7月16日 - 1926年10月23日

官選第14代 新潟県知事
任期 1912年12月30日 - 1913年3月3日

その他の職歴
官選第13代 愛媛県知事
1909年7月30日 - 1912年12月30日
官選第13代 和歌山県知事
1907年1月11日 - 1909年7月30日
テンプレートを表示

伊沢 多喜男(いざわ たきお、旧字体:伊澤明治2年11月24日1869年12月26日) - 昭和24年(1949年8月13日)は、日本内務官僚政治家

来歴・人物[編集]

長野県に旧高遠藩士の子として生まれる。慶應義塾普通部第三高等中学校を経て、明治28年(1895年)、東京帝国大学法科大学を卒業内務省に入省する。以後山梨県岐阜県の各県参事官岐阜県福井県滋賀県の各県書記官滋賀県事務官警視庁警視などを歴任の後、明治40年(1907年)に和歌山県知事、明治43年(1910年)に愛媛県知事、明治45年(1911年)に新潟県知事となる。

大学時代に同期であった濱口雄幸の引き合わせで加藤高明と親交を結ぶが、大正2年(1913年)に第1次山本内閣が成立すると、加藤が総裁を務める同志会が政権与党である政友会と激しく対立し、加藤との親交が災いして休職処分となる。しかし翌大正3年(1914年)に第2次大隈内閣が成立して加藤が外務大臣に就任すると、一転して警視総監に栄進した。ところが内務大臣大浦兼武が失脚した大浦事件に巻き込まれる形で辞職。直後の1916年10月5日貴族院勅選議員に勅任された[1]

伊沢は政友会を敵視しており、これは原敬総裁時代以降の政友会が内務省に干渉し、公正な人事を阻害していたという認識によるものであった。衆議院に席を持つことがなかった伊沢は政党の党員となることはなかったものの、自ら民政党系政党(立憲同志会憲政会立憲民政党)の支持者である事を公言して憚らず、大正8年(1919年)には貴族院で院内会派同成会を組織して、憲政会の加藤を側面から支援した。大正13年(1924年)の第2次護憲運動では、同成会は加藤ら護憲三派と歩調を合わせるかたちで清浦奎吾内閣の事実上の与党だった貴族院最大会派の研究会に真っ向から立ち向かい、伊沢はその先頭に立って容赦ない政府糾弾の矢を放ち続けた。この功績によって加藤高明内閣が成立すると台湾総督に任じられた。大正15年(1926年)には濱口雄幸の支援を受けて東京市長に選出されている。

昭和2年(1927年)に政友会の田中義一内閣が成立すると、これに対抗すべく憲政会と政友本党の合同を実現させるために奔走する。水野文相優諚問題鈴木内内相選挙干渉問題でも田中内閣を厳しく糾弾した。

その後濱口内閣成立の功により入閣を要請されるが固辞。そこで濱口は伊沢を文官としては初の朝鮮総督にしようと奔走するが、満州事変が拡大する時局に朝鮮に文官総督とは言語道断と軍部が反対して実現せず、これが異例の斎藤実元総督の再任につながった。その斎藤が内閣を組織することになると(斎藤内閣)、伊沢に入閣が要請されるが辞退している。

顕職に就くことはなかったが、その一方で出身母体である内務省内には長年にわたって隠然とした影響力を持ちつづけた。当時は政権交代のたびに野党系となった知事が休職に追い込まれるのが常だったが、こうした政党による過度の内務省人事への介入に対しては批判の声も大きかった。そこで伊沢は斎藤内閣に対して知事ほか高級官僚の身分保障規定(文官任用令11条)を復活することを提言。これで内務官僚のみならず、学者や世論からも支持を集めた。いわゆる「革新官僚」に対する影響力は強く、内務省では後藤文夫と勢力を二分した。しかし後藤の政党政治を骨抜きにしようとする画策には断固反対し、天皇機関説事件に絡んだ国体明徴運動に対しては厳しい批判を行った。このため後藤系の革新官僚や軍部からは旧体制の象徴的な存在として目されることになり、二・二六事件をはじめとする青年将校による尊皇討奸の計画においても襲撃候補者として度々名前が挙がったが、閣僚経験のない伊沢を襲っても社会的な反響は望めないとそのたびに見送られて命拾いをしている。逆に治安担当者として二・二六事件で襲われたのは当時内相だった後藤の方だった。

昭和10年(1935年)に内閣審議会委員となり、後に新体制運動にも関与するが、これもやがて後藤に主導権を奪われる。昭和13年(1938年)の国家総動員法の審議では、貴族院では数少ない反対票を投じている。昭和15年(1940年)には枢密顧問官に任命され、そのまま最後の顧問官の一人として枢密院の幕引きを行った。戦後の昭和22年(1947年)12月に公職追放となり、その後しばらくして死去した。

親族[編集]

その他[編集]

  • 作家の星新一が父で衆議院議員でもあった星一を描いたノンフィクション『人民は弱し官吏は強し』では、星一と敵対する伊沢の人物像が描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1256号、大正5年10月6日。

参考文献[編集]

  • 伊沢多喜男伝記編纂委員会編『伊沢多喜男』羽田書店、1951年
  • 伊沢多喜男文書研究会編『伊沢多喜男関係文書』芙蓉書房出版、2000年 ISBN 4829502517
  • 大西比呂志編『伊沢多喜男と近代日本』芙蓉書房出版、2003年 ISBN 4829503327

外部リンク[編集]

公職
先代:
安楽兼道
日本の旗 警視総監
第22代:1914年 - 1915年
次代:
西久保弘道