元田敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
元田敏夫

元田 敏夫(もとだ としお、1882年明治15年)5月[1] - 1958年昭和33年)3月30日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事

経歴[編集]

東京市麹町区紀尾井町出身[1]。政治家・元田肇の長男として生まれる[3]麹町小学校[4]府立一中第一高等学校を卒業。1906年東京帝国大学法科大学を卒業し、大学院に進学して行政法を研究。1908年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し静岡県属となる[1][5]

以後、千葉県事務官、内務書記官東京府理事官、内務省土木局河港課長、宮崎県内務部長、埼玉県内務部長、拓殖局長官事務取扱、拓殖事務局長などを歴任[1][3][6]

1923年10月、埼玉県知事に就任。関東大震災からの復興、苗木検査所の設置、県立図書館の設置などを推進[7]1924年6月、千葉県知事に転任。千葉県営鉄道多古線の延長予定線問題で県会が大荒れとなる[1]。震災復興、金融調整、公民教育振興に尽力[8]1926年9月、休職となる[9]1927年5月、香川県知事に就任。1928年3月から5月まで高松市で開催された全国産業博覧会の成功に尽力。1929年7月に知事を辞任し退官した[5][8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』338頁。
  2. ^ 読売新聞』1958年4月1日夕刊、5面の訃報より。
  3. ^ a b 『人事興信録』第7版、も5頁。
  4. ^ 『麹町小學校の百年』千代田区立麹町小学校創立百周年記念会、1974年3月。
  5. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』191頁。
  6. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』29頁。
  7. ^ 『新編日本の歴代知事』315頁。
  8. ^ a b 『新編日本の歴代知事』900頁。
  9. ^ 『官報』第4230号、大正15年9月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。