細川長平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
細川長平

細川 長平(ほそかわ ちょうへい、1884年明治17年)5月13日 - 1967年昭和42年)1月13日[1])は、日本の内務警察官僚。官選県知事

経歴[編集]

香川県出身。細川林造の三男として生まれる[2]第五高等学校を卒業。1909年東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し京都府属となる[2][3]

以後、岐阜県事務官、同理事官徳島県警察部長、熊本県警察部長、長野県書記官・内務部長[4]宮城県書記官・内務部長[5]北海道庁部長・内務部長などを歴任[2]

1928年12月、沖縄県知事に就任。1929年2月、沖縄の社会科学研究会の関係者を検挙した[2]。同年7月、埼玉県知事に転任[6]1930年8月26日、依願免本官となり退官した[3][7]

脚注[編集]

  1. ^ 『沖縄大百科事典』下巻、473頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』1129頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』194頁。
  4. ^ 『官報』第3704号、大正13年12月25日。
  5. ^ 『官報』第3925号、大正14年9月22日。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』318頁。
  7. ^ 『官報』第1099号、昭和5年8月27日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』沖縄タイムス社、1983年。