斎藤樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斎藤樹

斎藤 樹(さいとう いつき、1888年明治21年)6月26日 - 1951年昭和26年)6月2日)は日本内務官僚警視総監台湾総督府総務長官等歴任。貴族院議員

経歴[編集]

斎藤宗吉の長男として長崎県に生まれ、斎藤倉吉の養子となる。本籍千葉県

千葉中学を経て、1912年7月、第一高等学校を卒業。同年8月、千葉県大多喜中学教諭に就任するが、1914年8月に休職。同年9月、東京帝国大学法科大学に入学し、在学中の1916年10月に文官高等試験に合格。

1917年7月、東京帝大法科大学法律学科(英法)を優等で卒業し銀時計を授与された。任書記官兼警察講習所教授。1930年、内務事務官地方局勤務、社会局書記官保険部監査課長、奈良、富山、埼玉、静岡各県知事歴任。

1937年6月、警視総監に就任。 1946年4月1日、貴族院議員を辞職[1]

人物像[編集]

宗教日蓮宗[2]。趣味は短歌俳句ゴルフ[2]

栄典[編集]

家族・親族[編集]

斎藤家[編集]

同妻・禌子石川県、軍人・政治家林銑十郎〈元首相陸軍大将〉の四女)
同妻・章子(長野県、実業家岩波千春〈元中部電力取締役〉の娘)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5763号、昭和21年4月2日。
  2. ^ a b 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ五一頁より。
  3. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  4. ^ 『人事興信録. 第10版』(昭和9年)上巻サ七一

参考文献[編集]


公職
先代:
森岡二朗
日本の旗 台湾総督府総務長官
第16代:1940 - 1945
次代:
成田一郎