石黒英彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石黒英彦

石黒 英彦(いしぐろ ひでひこ、1884年12月20日 - 1945年6月21日)は、日本の文部朝鮮総督府台湾総督府官僚

経歴[編集]

広島県出身。石黒清左衛門の五男として生まれる。広島中学第三高等学校を経て、1910年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。1911年5月、文部省維新史料編纂事務局書記となる。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1913年6月、文部属となり普通学務局に配属。その後、兼内務属・地方局勤務、秋田県理事官群馬県視学官などを歴任。

1919年8月、朝鮮総督府に転じ江原道第三部長に就任。さらに平安北道第三部長、同警察部長、朝鮮総督府内務局地方課長などを歴任した。1927年2月、台湾総督府に移り文教局長に就任し、次いで内務局長を務めた。

1931年5月、奈良県知事に就任。次いで1931年12月から1937年6月まで岩手県知事。在任中、二度に渡る大凶作や、1933年3月3日昭和三陸地震などの復興に尽力した[1]大津波の翌年、石黒を中心に「慰霊の歌」と「復興の歌」が作られた[2][3]。1937年6月~1938年12月、北海道庁長官。1938年北海道神宮内に開拓神社を設立。また1940年に開催されるはずだった札幌オリンピック (1940年)実行委員会を設置した[4]。同年12月、文部次官に就任。在任中、野球は一本勝負であるべきで、2回戦(2戦先勝方式)などは行うべきでない、総て真剣勝負であるという論法を出して東京六大学リーグを1回戦にした[5]1939年9月まで在任し退官した。

その後、1942年6月から1943年10月まで大政翼賛会錬成局長を務めた。

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。

外部リンク[編集]


公職
先代:
伊東延吉
日本の旗 文部次官
第26代:1938 - 1939
次代:
大村清一