小川平吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川 平吉
おがわ へいきち
Ogawa Heikichi.jpg
生年月日 1870年1月2日明治2年12月1日
出生地 信濃国諏訪郡御射山神戸村
(現・富士見町
没年月日 (1942-02-05) 1942年2月5日(72歳没)
出身校 帝国大学法科大学仏法科
(現・東京大学法学部)
前職 弁護士
称号 法学士
親族 長男・小川一平
二男・小川平二
孫・小川元宮澤喜一宮澤弘

内閣 田中義一内閣
在任期間 1927年4月20日 - 1929年7月2日

日本の旗 司法大臣
内閣 加藤高明内閣
在任期間 1925年2月9日 - 1925年8月2日

日本の旗 国勢院総裁
内閣 原敬内閣
在任期間 1920年5月 - 1922年6月

当選回数 10回
在任期間 1903年 - 1936年
テンプレートを表示

小川 平吉(おがわ へいきち、1870年1月2日明治2年12月1日) - 1942年昭和17年)2月5日)は、日本弁護士政治家は射山。東京府平民[1]

衆議院議員、国勢院総裁、司法大臣鉄道大臣等を歴任した。

概要[編集]

1892年(明治25年)弁護士となり、1901年(明治34年)近衛篤麿に従って上海の東亜同文書院創立に参画[2]1903年(明治36年)衆議院総選挙に出馬当選、以来当選10回[2]。日露主戦論の急先鋒となり、1905年(明治38年)日比谷焼打事件の主謀者として投獄され無罪[2]政友会に入り同会幹事長を経て1920年(大正9年)原敬内閣の国勢院総裁[2]1925年(大正14年)加藤高明内閣の司法大臣、1927年(昭和2年)田中義一内閣の鉄道大臣[2]。1929年(昭和4年)私鉄疑獄、売勲事件に連座して逮捕され、1936年(昭和11年)懲役2年で入獄[2]。政界を引退[2]1940年(昭和15年)恩赦[2]

鉄道大臣当時、全国の駅名を右横書きにし、説明のローマ字を廃止した[2]

平吉には“タコ入道”、“オガ平”、“ズル平”といったあだ名がつけられていた[3]

経歴[編集]

出生から少年時代まで[編集]

信濃国諏訪郡御射山神戸村(現・富士見町)出身。呉服商人・小川金蔵の三男[4]。少年時代から腕白(わんぱく)坊主だった[5]。小学校時代、御射山神戸の瑞雲寺が教室にあてられたが、平吉は御本尊を抱いて歩いて、先生を困らせた[4]

11歳の時、諏訪明神上社へ仲間と遊びに行って大ゲンカをしたときは、自分より2つも3つも年上の子どもがいたが、小川が総大将になった[4]。いったん逃げて坂の上に隠れた小川方は、追ってきた上社勢をひとりずつ、石でねらい打ちしてやっつけた[4]。やられた上社勢の親は、4km以上離れた茅野市木舟まで追ってきたが、逃げのびた[4]。その時の石投げの命令、逃げ道の選び方は、のちまで語り草になっている[4]

14歳のとき、勉強がしたくて「草刈りに行く」と野良へ出たまま上京[4]。途中甲府の旅館で家の人につかまったが、とかく行動的だった[4]

学生時代[編集]

上京して明治法律学校や東京大学古典講習科に入学したが中退。

父兄から官吏になることを期待され、司法省正則法律学校(東京大学予備門へ合併され、後に第一高等中学校と改称される)に入学。

1889年(明治22年)帝国大学法科大学仏法科(現・東京大学法学部)へ進学、1892年(明治25年)卒業[6]代言人(翌年弁護士法が施行され弁護士になる)となった。同年分家して一家を創立す[1]

政治家として[編集]

1900年(明治33年)立憲政友会の結成に参加。1902年(明治35年)第7回総選挙に郡部から立候補、落選する。1903年(明治36年)総選挙に立候補し衆議院議員に初当選する。伊藤博文総裁と政見が合わず一時政友会を脱党。1905年(明治38年)日露講和条約締結に強い反対を唱えて日比谷焼き討ち事件を引き起こす発端をつくり河野広中大竹貫一らとともに逮捕されるが証拠不十分で無罪となる。

小川平吉

1910年(明治43年)政友会に復党。1915年大正4年)政友会幹事長となった。

1925年(大正14年)第1次加藤高明内閣(護憲三派内閣)の司法大臣に就任[7]治安維持法制定に参画。新聞『日本』を創刊して国粋を提唱する。

1927年(昭和2年)田中義一内閣の鉄道大臣に就任。

1929年(昭和4年)5つの私鉄の買収にからむ収賄の疑いで起訴され市ヶ谷刑務所へ留置される(五私鉄疑獄事件)。1936年(昭和11年)9月大審院懲役2年の判決を受け、位階を剥奪される。政界から引退する。

晩年[編集]

1942年(昭和17年)2月5日死去。葬儀委員長は頭山満

東京朝日新聞は小川の死亡記事に2段という破格の見出しをつけ右翼の大立て物頭山満の談話を載せた。頭山は「小川君は日本精神で終始一貫した人だった。私との交友は随分古いことだが、日露戦争が避けがたい情勢となった時大隈伊藤松方などでは腰が弱くていかんというので近衛公(文麿)の先代篤麿公を首班に征韓内閣を樹立しようと小川君らと骨を折ったものだ。不幸、篤麿公は早世されたために事成らなかったが、小川君はそのころから尊敬すべき国士だった…」と述べた[8]

人物像[編集]

政治家として[編集]

政界初出馬は1902年明治35年)8月の第7回衆議院議員総選挙。当時の平吉は貧乏弁護士であり、木綿の紋つきよりほかに持ち合わせはなかった。これを見た友人の矢守一太郎が気の毒に思い、自分のフロックコートを脱いで着せた。借り着のフロックコートはダブダブだった。これを着て街頭へ出たところ、「かかしの化け物が来た」と陰口をたたかれた。だが珍妙な服装にもかかわらず、演説のほうはピカ一だった。堂々と天下国家を論じ、その抱負を述べたので一躍人気スターとなった。開票の結果は1473票。わずか37票差で落選した[9]

小川は国粋主義者だった。日露戦争前の議会では主戦運動の先鋒となり、1905年(明治38年)9月、日露戦争講和の時には「戦いに勝ちながら屈辱的講和をなすとは何事だ」と日比谷焼打事件を引きおこし、日韓合併にも積極的に動き、第一次世界大戦後、左傾思想がさかんになると、治安維持法の制定にテコ入れをし自分でも日刊紙『日本』を創刊して左傾思想に対抗した。鉄道大臣在任中それまで左書きだった駅名標をすべて右書に改め、“国粋大臣”の異名をとった[10]

小川召喚を報道した信濃毎日新聞
1929年(昭和4年)9月27日)

小川は鉄道大臣を辞めた2ヶ月後、五つの私鉄買収にからむ収賄事件で起訴され、留置された[11]。中村勝実著『信州の大臣たち』56頁によれば、「大臣在任中の二年間に、二百近い私鉄の営業許可を与え、そのうえ田中義一内閣が瓦解する直前にもその置き土産といって、十数本の私鉄敷設を許可した[12]。しかもそのほとんどが、国鉄や私鉄他社の並行線だったので、とかくの噂を呼んだ。」という[13]。ことに、田中義一内閣瓦解直前の時期に集中して乱発された路線敷設免許の大盤振る舞いは、名阪間で最終的に直接競合することになる路線を構成する2社線に対して同時に認可を与えるなど交通政策上矛盾した、あまりに杜撰極まる内容であり、空前の愚策であるとして各方面の非難を浴びた[14]。 臨時議会の時、小泉又次郎に速記台下で殴り飛ばされそうになったことがある。1922年(大正11年)2月17日付の『中外日報』に「代議士武勇列伝」と題するコラム記事が出ている。

「武勇列伝とは余り酷だ、我々だって武を標榜して選良になった訳じゃない、文に依って生きんとして選良になったと云うのに…とは昨日の衆議院の二階廊下で中島鵩六さんがあの大きな太鼓腹を突き出しての仰せであった。で、次は野党側へと眼鏡を向けよう…まあず野党の議席を見渡して何時も金仏様のように黙然と控え、然も一朝事あるときは何事かを引起さん面構えをしているのに吉田磯吉親分がある。磯吉親分は、人も知る炭鉱太郎として九州に大縄張りを持ち、今幡随院の名さえある人だけに、勇に於いては、他に匹敵する人はあるまいと云うから、未来の選良になろうとする者の好典型だろう。・・・・・続いては、臨時議会の時、国勢院総裁小川平さんを速記台下で殴り飛ばそうとして、一大波瀾を捲起した三浦郡の大親分小泉又次郎さんで、一肌脱げば倶利伽羅紋々の凄い人である。・・・」

親分議員が吉田磯吉一人ではなく、与野党に数多くいたことがこのコラム記事から理解できる。この時代の政界には、「暴をもって暴を制す」理論が公然とまかり通っていたわけで、まさに政治家たるものは「腕前がなければならぬ」のであった。・・・[15]

栄典[編集]

家族・親族[編集]

小川家[編集]

長野県諏訪郡富士見町東京都) 
  • 小川一族について、佐藤朝泰の著書『豪閥 地方豪族のネットワーク』442-457頁によれば、
    閨閥地図を広げれば、新旧の政治家、高級官僚、財界人の名がキラ星のごとく輝いている。地図上には歴代総理大臣が四人。地図をもう少し広くとれば、この倍以上にはすぐ増える。だが小川姓の総理がいるわけでない。輝く星の一つ一つがそれぞれ大きな星座を形成している。たとえていえば、有力家系を縦横に繋げる真綿や星雲のような一族なのである。政界人なら元首相宮澤喜一鈴木善幸、古くは林銑十郎吉田茂。閨閥地図をもう少し広くとれば、鳩山一郎岸信介佐藤栄作兄弟などにも繋がる。
小川一族がこのような存在になったのは、女系の強さにもよるから、字義どおりの大閨閥なのである。この大閨閥の源は信州の諏訪。戦前の代議士、司法大臣鉄道大臣などを歴任した小川平吉だ。この人が大閨閥の真綿の大元、つまり繭玉である。」という。
  • また、財界人との繋がりに関して言えば三菱の創業者一族・岩崎家との姻戚関係がある。
    『昭和人名辞典 第1巻 東京篇』(1942年10月5日に帝国秘密探偵社から発行された『大衆人事録』第14版を底本として編纂された)524頁によると、小川平吉の長男・一平の妻は市川毛織(現・イチカワ)顧問の杉本甫(当時は日本勧業銀行員)の姉である。同書には杉本の妻は岩崎康弥(三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の三男で地球科学者岩崎泰頴の祖父)の三女とあることから、小川家は杉本家を通じて岩崎家とも繋がっているのである。
小川家の人々
(前列左より三平、せき(平吉夫人)、平吉、悦子、平五。後列左よりせい、こと(宮澤喜一の母)、てい、かつ、平二平四郎一平
  • 弟・脩平(実業家、政治家)
  • 先妻・きん(群馬県、書家、政治家金井之恭の長女)
  • 後妻・せき熊本県、野中熊彦の妹)
  • 長男・一平(実業家、政治家)
  • 同妻・俊子杉本甫の姉)
  • 同長男・(政治家)
中国との国交回復後、初代の中国大使となったほどの中国通である[18]
  • 長女・せい(内務官僚井上政信(元兵庫県警察部長)の妻)
宮澤家の人々
  • 二女・こと(広島県、政治家宮澤裕の妻)
  • 同長男・喜一(大蔵官僚、政治家・首相)関東大震災後、平塚の別荘「花水庵」で過ごす。
  • 同二男・(内務官僚、政治家・広島県知事、参議院議員)
  • 同三男・(外交官)
  • 同妻・禌子(石川県、軍人・政治家林銑十郎(陸軍大将、首相)の娘)
  • 四女・カツ
  • 五女・悦子

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『人事興信録. 7版』(大正14年)を四
  2. ^ a b c d e f g h i 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)117頁
  3. ^ 『信州の人脈(上)』16頁
  4. ^ a b c d e f g h 信濃毎日新聞社編『信州の人脈(上)』17頁
  5. ^ 中村勝実著『信州の大臣たち』 48頁
  6. ^ 元首相若槻禮次郎は同期
  7. ^ この法相就任は横田千之助法相の死去に伴う後任人事によるものである その間4日間だけ高橋是清農商務大臣が臨時兼任していた
  8. ^ 『信州の人脈(上)』15頁
  9. ^ 中村勝実著『信州の大臣たち』49頁
  10. ^ 『信州の人脈(上)』9頁
  11. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻695号 p.102
  12. ^ 6月29日免許渡島海岸鉄道、鎌倉急行電気鉄道、天野山電気鉄道、鶴見臨港鉄道、阪神高速度電鉄、淡路電気鉄道、刀南電気鉄道、南和電気鉄道参宮急行電鉄名古屋急行電気鉄道越中鉄道「鉄道免許状下付」『官報』1929年7月5日(国立国会図書館デジタル化資料)
  13. ^ 1929年7月3日付け大阪毎日新聞(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  14. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻695号 p.110
  15. ^ 猪野健治の著書「侠客の条件 吉田磯吉伝」95-96頁
  16. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  17. ^ 第十版 大衆人事録』(昭和9年)オ四頁より
  18. ^ 中村勝実著『信州の大臣たち』 318頁

参考文献[編集]

  • 信濃毎日新聞社『信州の人脈(上)』 1966年 9-19頁
  • 小川平吉文書研究会『小川平吉関係文書』 みすず書房 1973年
    日記、電報等を掲載。張作霖爆殺事件、日中平和交渉等の研究には欠かせない文献として有名
  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』、鈴木・小川・宮沢家 門閥ゼロからのスタート(153-157頁) 角川書店 1983年
  • 『昭和人名辞典 第1巻 東京篇』 日本図書センター 1987年
  • 中村勝実『信州の大臣たち』 櫟<いちい> 1996年 45-58頁
  • 三木理史「京阪電気鉄道の形成 -路線展開と地域交通体系-」、『鉄道ピクトリアル』第695号、電気車研究会、2000年12月、 93-106頁。
  • 小川功「京阪グループの系譜 -戦前期の太田光凞社長の関係事業を中心に-」、『鉄道ピクトリアル』第695号、電気車研究会、2000年12月、 107-119頁。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』、政・官・財を横断する超エリート大閨閥の源流(442-457頁) 立風書房 2001年
  • 秦郁彦『日本近現代人物履歴事典』 東京大学出版会 2002年
  • 神一行『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 角川書店 2002年 198-199頁、205-207頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
井上匡四郎
日本の旗 鉄道大臣
第7代:1927年 - 1929年
次代:
江木翼
先代:
高橋是清
(臨時兼任)
日本の旗 司法大臣
第29代:1925年
次代:
江木翼