田口文次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田口文次

田口 文次(たぐち ぶんじ、明治元年4月12日[1]1868年5月4日) - 昭和15年(1940年5月31日[1])は、日本の衆議院議員政友本党立憲政友会)、山口村

経歴[編集]

肥前国杵島郡山口村(現在の佐賀県杵島郡江北町)出身。1885年(明治18年)、慶應義塾に入学するが、東京専門学校(現在の早稲田大学)に転じ、1887年(明治20年)に退学した。1897年(明治30年)以降、杵島郡会議員、山口村長、佐賀県会議員、同議長を歴任した。

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第17回第18回と3期務めた。議員退職後の1936年(昭和11年)には江北村(小田村・山口村・佐留志村が合併)の村長に就任した。

脚注[編集]

参考文献[編集]