宮古啓三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮古啓三郎

宮古 啓三郎(みやこ けいざぶろう、慶応2年4月8日1866年5月22日) - 昭和15年(1940年4月9日[1])は、日本の衆議院議員(壬寅会→立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

常陸国行方郡行方村(現在の茨城県行方市)出身。今泉源兵衛の二男で、縁戚の宮古氏の跡を継いだ[2]1884年明治17年)に司法省法学校に入学するが、学制の改正により第一高等中学校に移り、1889年(明治22年)に卒業した。その後、東京帝国大学法科大学に入学し、1892年(明治25年)に卒業した。卒業後は弁護士を開業し、また日本法律学校日本大学)の講師も務めた[3]

1902年第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、9回の当選回数を数えた。

脚注[編集]

  1. ^ 故宮古啓三郎位記追賜ノ件
  2. ^ 『明治弁護士列伝』p205-208
  3. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]