本多貞次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本多貞次郎
千葉県市川市市川真間駅近くにある頌徳碑

本多 貞次郎(ほんだ ていじろう、1858年2月20日安政5年1月7日[1]) - 1937年昭和12年)2月26日[2])は、日本の実業家政治家工部省職員[3]京成電気軌道株式会社初代社長、千葉県会議員、衆議院議員。武家に生まれ、鉄道の整備を行い東海道本線の完成に貢献した。京成電鉄の創業者であり、市川真間駅に記念碑が建てられている。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、11頁。
  2. ^ 「議員死去」『官報』1937年12月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 工部省会計局十等属に本多貞次郎の名前が見られる 『改正官員録. 明治16年4月』(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]