松方幸次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松方幸次郎

松方 幸次郎(まつかた こうじろう、1866年1月17日慶応元年12月1日) - 1950年昭和25年)6月24日)は、日本実業家政治家川崎造船所社長、衆議院議員日本進歩党)、美術収集家。エール大学ソルボンヌ大学卒業。

父は明治の元勲で第4代、第6代内閣総理大臣松方正義。妻は九鬼隆義の次女好子。

人物[編集]

薩摩国鹿児島に生まれる。1884年(明治17年)に東京帝国大学を中退し、同年エール大学に留学し1890年(明治23年)帰国。1891年(明治24年)第一次松方内閣組閣に伴い、父の首相秘書官となる。一時、新聞事業経営や官途についたが、1894年(明治27年)に浪速火災保険の副社長に就任し関西における財活動を開始した。

1896年(明治29年)川崎財閥創設者・川崎正蔵に要請されて株式会社川崎造船所初代社長に就任。それをきっかけとして大阪舎密鉱業(1898年)、神戸瓦斯(同)、神戸新聞(1899年)、神戸桟橋(1908年)、九州電気軌道(同)、九州土地信託(同)、川崎汽船(1920年)、国際汽船(同)、神港倶楽部ベルベット石鹸日本ゴム蹄鉄、の社長に就任し、その他11社の役員をつとめ、一方神戸商業会議所会頭、1912年(明治45年)衆議院議員に当選し神戸の政財界の巨頭であった。

しかし1920年(大正9年)から1931年(昭和6年)までの連続不況期に、慎重な不況対策を一切採用せず、無謀ともいえる多角化戦略のため1927年(昭和2年)の金融恐慌で、川崎造船所は破綻し、川崎造船所に巨額の融資を行っていた兄の松方巌が頭取を務める十五銀行も破綻し川崎正蔵が築き上げた川崎財閥を崩壊へと追いやった。これを機に役員を務めていた全会社を辞任する。その後は衆議院議員を1936年(昭和11年)から連続3期務め、国民使節として渡米し国際的に活動した。

また川崎造船所社長として隆盛を誇った第一次世界大戦の際、ヨーロッパで買い集めた絵画、彫刻、浮世絵は松方コレクションの名で知られ、その一部は国立西洋美術館の母胎となった。

エピソード[編集]

松方は思い切ったいたずらをする人物だった。神戸にある川崎造船所の構内に海軍の監督官の事務所があって、そこからドックへ行くのに広い道路を横切らなければならないが、雨の日は道がひどくぬかるむ。そこで海軍の監督官が道を横切る地下道を建設するように川崎造船所側に要求した。川崎造船所は得意先の海軍の要望だからと、注文通り地下道を建設した。そして松方はこの地下道に「海馬路」という名前をつけ、額にして入り口にかけて悦にいっていた。海馬(アシカ)というものは、海の上からくぐり、また海の上に出る。地上からくぐってまた地上に出るのだから「海馬路」という説明なのだが、松方の思いつきはそうではなかったようで「海軍の馬鹿野郎の通る路」というつもりだったらしい。そのうち海軍のほうでも感づいて馬鹿にしておると憤慨する者もいたという。[1]

注釈[編集]

  1. ^ 『岡田啓介回顧録』 毎日新聞社 1950年12月25日 31p

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
-
九州電気軌道西日本鉄道)社長
初代:(1908年1930年
次代:
松本枩蔵